アカデミックデイ2014
印刷する

精密畜産を目指した和牛の情報管理

研究者からの一言 安心,安全で高品質な和牛生産のための情報化の研究

概要

情報化が遅れている肉用牛生産においては,正確なデータに基づく対象物のばらつき管理により,各牛へ最適な給餌を行うことが最重要の課題である。その肥育管理では血中ビタミンA濃度の制御が最も重要であるため,まずビタミンAの非侵襲計測装置の開発を行い,給餌,牛の健康状態,環境条件との関係を明らかにするセンサ群を整え,データベースに基づく和牛の肥育を目指す。

出展代表者

農学研究科
 近藤 直 教授

参加者

農学研究科
 近藤 直 教授
 木地 厚良 研究生
 森迫 龍也 修士課程2年
 Peng Yingqi 特別研究学生
 増本 忠久 4回生

関連URL

来場者より

サーロイン賞
実現してほしい賞
牛さんに優しくて素晴らしいで賞
牛肉うまい賞
丁寧な説明デ賞
おいしい話を聞けたで賞
肉がおいしいで賞
食料を技術で支える大事さが分かったで賞
おいしい牛のために頑張って下さいで賞

フォトギャラリー

DSC_7579_re.jpg