アカデミックデイ2014
印刷する

元素戦略プロジェクト

研究者からの一言 希少元素をできるだけ使わない材料の研究をしています

概要

「元素戦略」耳慣れないことばだと思いますが、今、世界中から注目されているプロジェクトです。京都大学では2つの研究拠点を設置し、産官学が密接に連携して研究を行っています。その取組みについてお話します。

出展代表者

実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点
 田中 庸裕 拠点長
構造材料元素戦略研究拠点
 田中 功 拠点長

参加者

実験と理論計算科学のインタープレイによる触媒・電池の元素戦略研究拠点
 田中 庸裕 拠点長
構造材料元素戦略研究拠点
 田中 功 拠点長
学際センター 構造材料ユニット
 大石 毅一郎 特定准教授
 落合 庄治郎 特任教授
学際センター 触媒・電池ユニット
 太田 浩二 特定教授

関連URL

来場者より

Best poster賞
研究を頑張って実用化してほしいで賞
おもしろいで賞
スゴイで賞
一番ワクワクしたで賞

フォトギャラリー

DSC_2937_re.jpg

DSC_7595_re.jpg

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶきっかけになった本

複合材料

アンソニー・ケリー著、村上陽太郎訳、丸善出版

材料どうしを組み合わせると元の材料以上の性能が得られる仕組みが書かれている。

今ハマっている本(誰かとこの本について話したい)

私とは何か 「個人」から「分人」へ

平野啓一郎著、講談社

「個人」とか「自分」いうことについて、平易なことばで面白い着想点から考察している。

自分の研究に関連して紹介したい本

元素戦略

中山智弘著、ダイヤモンド社

元素戦略プロジェクトのプログラムオフィサーが著した本で、「元素戦略」のねらいがわかるように書かれている。

未来を拓く元素戦略―持続可能な社会を実現する化学

日本化学会編、化学同人

この元素戦略プロジェクトも含めて、化学分野からの「元素戦略」へのさまざまなアプローチが紹介されている。

材料特性と材料選択

落合庄治郎他著、岩波書店