アカデミックデイ2015
印刷する

紛争の解決にむけた心理学のアプローチ

研究者からの一言 心理学を紛争の予防にどう活かすのかを考える

概要

心理学の英知は多くありますが、これを紛争の予防・解決に活かせるのでしょうか? 例えば、夫婦間の軋轢、人種間の葛藤、それらを乗り越えるべく私たちにできることは何か? 心理学を中心に、神経科学、遺伝学も手がかりとしながら、人間を総合的に捉え、考えてゆきます。

出展代表者

教育学研究科
 野村 理朗 准教授

参加者

教育学研究科
 野村 理朗 准教授
 藤野 正寛 修士課程2年
 平岡 大樹 修士課程1年
 藤田 弥世 博士課程1年

関連URL

来場者より

知らない世界の事を教えてくれた賞
紛争の解決に向けた心理学のアプローチ賞
世の中に発信してほしいで賞
不思議だったで賞
人間は環境と意識で変わるで賞
もっと社会に知ってもらいたいで賞
めいそうしてみたくなった賞
ドッキリ賞

アカデミックデイを経ての感想

参加のみなさんが、本当にいきいきし、フレッシュな、あるいは斬新な観点からの質問もいただき、楽しく議論させていただきました。

フォトギャラリー

DSC_3351.JPG

DSC_3354.JPG