アカデミックデイ2015
印刷する

アミロイドβの毒性構造特異抗体の開発

研究者からの一言 アルツハイマー病を化学の視点から研究しています

概要

アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβは、凝集することによって神経細胞毒性を示す。本研究代表者らは、アミロイドβの毒性を示す立体構造を化学的手法によって明らかにし、その毒性立体構造を特異的に認識する抗体を開発した。本抗体は、アルツハイマー病の診断・予防に役立つ可能性がある。

出展代表者

農学研究科 食品生物科学専攻
 入江 一浩 教授

参加者

農学研究科
 入江 一浩 教授
 久米 利明 准教授

関連URL

来場者より

認知症の試薬の開発がんばって下さい賞
ドリーム賞
ぼけない賞
役に立っているで賞

アカデミックデイを経ての感想

アルツハイマー病予防に対する期待の大きさを感じました。

少しでも早く研究成果を社会に還元できるよう努力する所存です。

フォトギャラリー

DSC_3332.JPG

DSC_3334.JPG

DSC_3337.JPG