アカデミックデイ2015
印刷する

医療の質の地域格差を考えよう

研究者からの一言 医療の質の地域格差を見える化し、対策を考えよう

概要

わが国では、皆保険制度により、いつでもだれでも等しく医療を享受することが出来ると考えられています。 実際には、医療の地域格差は歴然として存在することがデータにより明らかになってきました。 こうした問題に対し、どうあるべきか、どんな解決策や障壁があるかについて、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。

出展代表者

医学研究科 医療経済学分野
 今中 雄一 教授

参加者

医学研究科
 今中 雄一 教授
 大坪 徹也 助教
 國澤 進 講師

関連URL

来場者より

今中先生の温厚な人柄に癒されました賞
将来がんばってほしい賞
療質賞
領域や大学横断、現場や市民と連携してほしいで賞
医療格差をなくしま賞
期待しています賞
医療ン室の地域格差を考えよう賞
予防や適切な処置が大切で賞
継続賞

写真:医療の質の地域格差を考えよう

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

DSC_3301.JPG

DSC_3302.JPG

DSC_3304.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶことになったきっかけになった本

シリーズ生命倫理学 第17巻 医療制度・医療政策・医療経済

自分の研究に関連して紹介したい本

「病院」の教科書 知っておきたい組織と機能