アカデミックデイ2015
印刷する

コンピュータで化学反応の世界を探る(10:30-12:00)

研究者からの一言 計算化学、知ってますか?

概要

コンピュータの進歩により、分子の世界で起こる化学反応の様子が量子力学を使った計算によって目で見たようにわかるようになってきています。このような例を、一緒に探しに行きましょう。

出展代表者

福井謙一記念研究センター
 諸熊 奎治 FIFCリサーチフェロー

参加者

福井謙一記念研究センター
 諸熊 奎治 FIFCリサーチフェロー

関連URL

来場者より

最先端の話をありがとう賞
先生の考え方を素直に話してくれた賞
愛国心一杯賞

写真:コンピュータで化学反応の世界を探る(10:30-12:00)

アカデミックデイを経ての感想

去年出展したポスターと違い、来ていただいた方は10名ほどでしたが、ゆっくりと、研究内容はもちろん、福井センターのこと、研究者になったいきさつ、研究者としての考え方など、ディスカッションの中身が深くて、私自身大いに楽しみました。

フォトギャラリー

DSC_2983.JPG

DSC_2984.JPG

DSC_2988.JPG

DSC_3063.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

若者にお勧めしたい本

学問の創造

福井謙一 著/朝日文庫

日本人としてはじめてノーベル化学賞を受賞した京大の福井謙一先生の、新しい学問創造の意気込みを読み取りたい。

ノーベル賞の周辺−−福井謙一博士と京都大学の自由な学風

米沢貞次郎 著/化学同人

ノーベル賞受賞者福井謙一博士の共同研究者が、京都大学の自由な学風を振り返る。

自分の研究に関連して紹介したい本

コンピューターは良い化学者

西村肇・山口兆 著/東京化学同人

やや古いが、計算化学を平易に解説する。