アカデミックデイ2015 座談会企画の詳細が決定しました【生中継情報を追加】

2015.09.12

お知らせ

京都大学アカデミックデイ2015(10月4日開催)では、「オープンサイエンス(社会に開かれた研究)」をテーマに2つの座談会を行います。

*当日の様子は生中継します。

 

 第一部 11:00-12:00 「100万円あったら、どの研究に投資する?体験!クラウドファンディング」

いま注目されている研究資金の新しい集め方、クラウドファンディング。「クラウド・ファンディングって何だろう?」「研究者じゃなくても研究に参加できるの?どうやって?」「クラウド・ファンディングはずっと気になっていたけど、まだしたことないなあ。」第一部では、クラウド・ファンディングを疑似的に体験できます!

【登壇者】

飯田 敦夫(京都大学再生医科学研究所 助教/発生生物学)
榎戸 輝揚(京都大学白眉センター・理学研究科宇宙物理学教室 特定准教授/宇宙物理学)
鈴木 絢女(同志社大学法学部政治学科 准教授、政治学)
熊澤 辰徳(大阪市立自然史博物館 外来研究員)

 

第二部 14:00-15:30 「研究の話って、いまも昔も身近な場所でもされているんじゃないの?〜わざわざオープンって言わなくてもオープンなサイエンスについて考える〜」

地域の人々と密接に関わりながら研究成果を蓄えていく博物館の話から、専門家とアマチュアが混じり合う芸術分野の話まで。「誰にとっても研究や科学が当たり前に身近にある日々」とは?

【登壇者】

大崎 滋生(元桐朋学園大学音楽学部音楽学科音楽学専攻 主任)
櫻井 文子(専修大学経営学部 准教授)
藤井 翔太(大阪大学未来戦略機構戦略企画室 特任助教) 

【モデレーター・企画】

山田 光利(学問の箱庭管理人 / Smips研究現場の知財分科会オーガナイザー)