アカデミックデイ2016
印刷する

京都大学×高校生の研究=「ELCAS」 

研究者からの一言 ELCAS?なにそれ?と思った方、お話ししましょう

概要

主体的に科学を究めようとする高校生の育成を目的とし、全国から高校生を受け入れ、「講義、実習、合宿や発表会」を実施しています。昨年度は、日本初の高校生による論文集「ELCAS Journal」を創刊しました。ELCAS修了生は延べ500名を超える大きな事業となっています。

出展代表者

ELCAS(学際融合教育研究推進センター高大接続科学教育ユニット)
 有賀 哲也 高大接続科学教育ユニット長

参加者

高大接続科学教育ユニット
 渡部 祐司 コーディネーター
 橋爪 圭 サブコーディネーター
 高田 美砂 サブコーディネーター
 門川 朋樹 サブコーディネーター
 古川 悠 サブコーディネーター
大阪府立豊中高等学校
 飯尾 一輝 高校2年生

関連URL

来場者より

参考になりました賞
これからも広めてほしいで賞
もっと国内で広まってほしいで賞
高校生よ、ELCATTA賞

アカデミックデイを経ての感想

高校生の皆さんがもっと科学を好きになる、京大を好きになる、いずれは日本を代表する研究者になれるよう、これからもよりよいプログラムの提供を続けていきます。

フォトギャラリー

DSC_7454.JPG

DSC_7456.JPG

DSC_7457.JPG