アカデミックデイ2017
印刷する

ヒトゲノムの深い理解を目指して(13:30-15:00)

研究者からの一言 ヒトゲノムの個人差、変異について知っていますか?

概要

ヒトゲノムの個人差(多型)、がんゲノムと正常組織のゲノムの違い(変異)の理解は、病気の原因解明のために重要な情報です。
しかし、未だに我々の理解は完全ではありません。
私たちは、多型や変異の検出とその生物学的意義の研究を行っています。

出展代表者

大学院医学研究科
 藤本 明洋 特定准教授

参加者

大学院医学研究科
 藤本 明洋 特定准教授
 Wong Jing Hao 特定研究員

関連URL

写真:ヒトゲノムの深い理解を目指して(13:30-15:00)

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶきっかけになった本

分子進化学への招待 : DNAに秘められた生物の歴史

宮田隆/講談社

分子進化学の面白さ、基礎がとてもわかりやすく説明してあります。
この本を読んで分子進化学へ進んだ方は何人もいると思います。

自分の研究に関連して紹介したい本

ヒトの変異 : 人体の遺伝的多様性について

アルマン・マリー・ルロワ /みすず書房

ヒトの変異について、生物学的視点から紹介されています。
豊富なエピソードと写真も多く、読みやすいです。
「私たちはみなミュータントなのだ。ただその程度が、人によって違うだけなのだ」

若者にお勧めしたい本

がん遺伝子の発見―がん解明の同時代史

黒木登志夫/中央公論新社

「がん解明の同時代史 」とあるように、遺伝学の発展とともに歩んできた著者が、個人的なエピソードも交えつつ、がん遺伝子の発見の歴史を魅力的に書いています。