アカデミックデイ2017
印刷する

21世紀によみがえる魔女たち

研究者からの一言 魔女に関心がある方は、ぜひ参加してください。

概要

欧米で急速に拡大しているペイガニズムは、キリスト教到来以前のヨーロッパにおける多神教・自然崇拝の信仰の復興で、魔女術がもっとも知られる。
その概要と拡大の背景をイギリスを中心に説明し、日本の状況についても触れたい。

出展代表者

人文科学研究所
 河西 瑛里子 非常勤研究員

参加者

人文科学研究所
 河西 瑛里子 非常勤研究員

写真:21世紀によみがえる魔女たち

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶきっかけになった本

聖魔女術 : 大いなる女神宗教の復活

スターホーク/国書刊行会

修士課程入学後すぐ、指導教官の講義で現代に魔女術をよみがえらせている人々のDVDをみました。
その中に、現代の魔女界のスターとして知られるスターホークが登場していて、手に取ったのが本書です。
原著の初版は1979年になりますが、現代の魔女術について、当事者の視点から丁寧に説明され、エクササイズも豊富です。
今でも魔女たちに大人気の一冊です。

女神 : 聖と性の人類学

田中雅一 編/平凡社

魔女術に影響を受けたフェミニストが始めた信仰に、女神運動があります。
本書には、その実践者が率いる女神の聖地ツアーへの参加をもとに執筆された論文が所収されています。
それ以外の論文も、様々な視点から女神について志向を巡らせており、女性の神的存在とは何か、考えさせられます。

自分の研究に関連して紹介したい本

鏡リュウジの魔女と魔法学

鏡リュウジ/説話社

学術書ではありませんが、現代の魔女術について、手軽に読める一冊です。
本書の筆者は、占星術師として知られていますが、若かりし頃、ロンドンで魔女たちと交流しており、その体験をもとに、現代の状況も付け加えて、書かれています。
学術書も含めた参考文献も豊富です。

グラストンベリーの女神たち

河西瑛里子/法蔵館

発表者はイギリスのグラストンベリーという町において、魔女術や女神運動をはじめとした、様々な信仰に携わる人たちを調査してきました。
その博士論文をもとにした書籍です。