アカデミックデイ2017
印刷する

甘いゲルで二酸化炭素をつかまえる

研究者からの一言 気体分子を捉える有機化合物を創っています

概要

本研究では、(1) 人工甘味料として知られるアスパルテームがゲル化すること、および (2) そのゲルから調製したキセロゲルが二酸化炭素を選択的に吸着することを見出した。

出展代表者

大学院人間・環境学研究科
 津江 広人 教授

参加者

大学院人間・環境学研究科
 津江 広人 教授
 中島 瑞貴 修士課程1年

関連URL

写真:甘いゲルで二酸化炭素をつかまえる

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー