アカデミックデイ2017
印刷する

ナノ構造研究の最先端:新しい材料開発

研究者からの一言 環境やエネルギー問題に材料科学の観点から挑戦!

概要

結晶のなかで原子は整然と並んでいますが、ところどころで原子レベルでの乱れが生じています。
これを的確に利用すると、環境やエネルギー問題を解決する革新的な材料開発が可能になります。
その最先端をお見せします。

出展代表者

大学院工学研究科
 田中 功 教授

参加者

大学院工学研究科
 田中 功 教授
 香西 景太 修士課程1年
 近藤 大介 修士課程1年
東京大学
 中出 博暁 修士課程1年
大阪大学
 角 裕輔 修士課程1年
名古屋大学
 近藤 宙世 修士課程1年

来場者より

わくわくしたで賞
頑張ってますネ賞

アカデミックデイを経ての感想

新学術領域研究「ナノ構造情報のフロンティア開拓-材料科学の新展開」におけるアウトリーチ活動の一環として、

4年前より本アカデミックデイにポスター出展し、研究紹介を行っております。

例年通り、様々な年齢層の方と交流し、多くの方に我々の領域の研究を紹介する機会を持つことができました。

さらに、参加した学生にとっても貴重な経験となりました。

フォトギャラリー

DSC_7689HP.jpg

DSC_7688HP.jpg