アカデミックデイ2017
印刷する

アミロイドβの構造解析と診断への応用

研究者からの一言 アルツハイマー病の早期診断法の開発を目指しています

概要

アルツハイマー病の原因物質であるアミロイドβは、凝集することにより神経細胞毒性を示す。
本研究では、質量分析法などの化学的手法を用いて、毒性を示す凝集体の構造解析を行った。
さらに毒性を示す凝集体を特異的に認識する抗体を開発し、アルツハイマー病の早期診断への応用を検討した。

出展代表者

大学院農学研究科
 入江 一浩 教授

参加者

大学院農学研究科
 入江 一浩 教授
 村上 一馬 准教授
大学院薬学研究科
 久米 利明 准教授
 

関連URL

来場者より

高齢化社会にむけての希望の賞
コラボで研究で賞
ぬいぐるみのようなモデルを使っていてかわいいで賞
アミロイドβの賞
将来に期待しま賞
勉強になったで賞

アカデミックデイを経ての感想

参加者の皆さんとのディスカッションにより、今後の研究の方向性が明確になるとともに、モチベーションが上がりました。

フォトギャラリー

DSC_4888-1.jpg

DSC_7822-1.jpg

DSC_7824-1.jpg

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

自分の研究に関連して紹介したい本

認知症 : 発症前治療のために解明すべき分子病態は何か?

森啓 編/羊土社

アルツハイマー病の発症前治療のために解明すべき分子病態について、最新の研究成果を交えてわかりやすく解説されている。