アカデミックデイ2017
印刷する

小さな磁石を用いたメモリーデバイス

概要

情報記録のためにハードディスクなどが大容量のメモリーとして使われてきたが、情報化社会の発展とともに、超大容量、超高速のメモリーデバイスが必要となっている。
本ポスターでは、次世代メモリーデバイスの一つである新規磁壁メモリーデバイスを紹介する。

出展代表者

化学研究所
 小野 輝男 教授

参加者

化学研究所
 塩田 陽一 助教

来場者より

さっぱりしてよかったで賞
これからもがんばってほしいで賞
情報化社会を支えてほしいで賞
メモリの性能がだいぶ良くなるで賞

アカデミックデイを経ての感想

幅広い年齢層の方に説明する機会があり、多くの刺激をもらうことができました。
同時に、研究内容について説明する事の難しさも学ぶことができました。
今回ご指摘いただいた点を参考に、今後の研究にも生かすことができればと思っています。
今回はどうもありがとうございました。

フォトギャラリー

DSC_7812-1.jpg

DSC_8075HP-1.jpg

DSC_8077HP-1.jpg