アカデミックデイ2018
印刷する

『土と水の科学』と生産基盤

研究者からの一言 「土」を物理の対象として見てみよう

概要

生産基盤を成す農業水利施設は、土質材料で作られているものが多く,自然由来の材料であるがゆえ、豪雨、地震、侵食による被害を受けます。「土」の様子・挙動は「水」と深く関わっているのです。私たちは、農業水利施設のマネジメントを目的として、土と水に関する力学を基礎および応用の観点から研究しています。

出展代表者

大学院農学研究科
 村上 章 教授

参加者

大学院農学研究科
 村上 章 教授
 藤澤 和謙 准教授
 古川 智大 修士課程2年
 森田 健太郎 修士課程2年
 北尾 朋広 修士課程1年
 種子永 栄輝 修士課程1年

関連URL

来場者より

土石流の解明に頑張りま賞

アカデミックデイを経ての感想

お話を聞いて下さった皆様、ありがとうございました。

分かりやすくお話しできる内容も、また、どうしても難しくなってしまう内容もあったかと思います。最近は、研究の「分かりやすさ」や「楽しさ」が強調され過ぎている傾向がありますので、研究の「分かりやすさ」や「楽しさ」だけでなく、「難しさ」の両方をお伝えしたいと考えていました。

「難しさ」の中に「楽しさ」を見つけてもらえるように、工夫していきたいと思っています。

フォトギャラリー

DSC_9006_-_.JPG

DSC_2298_-_.JPG

DSC_2295_-_.JPG