アカデミックデイ2018
印刷する

新しい材料設計:ハイエントロピー合金

研究者からの一言 『混ぜること』の科学が新材料を創るヒントになります

概要

多種類の元素を混ぜ合わせた金属はハイエントロピー合金と呼ばれ、未開の材料分野とされてきました。今、この合金の持つ様々な可能性が注目を集めており、全く新しい材料設計の指針となりつつあります。材料設計の最先端を紹介します。

出展代表者

大学院工学研究科
 乾 晴行 教授/辻 伸泰 教授

参加者

大学院工学研究科
 新津 甲大 助教
 陳 正昊 博士課程3年
 浅倉 誠仁 修士課程2年
 江原 和輝 修士課程1年      

関連URL

来場者より

ワクワクしたで賞
これからも研究をがんばってほしいで賞

アカデミックデイを経ての感想

エントロピーという概念について興味を持っていらっしゃる方が多いように見受けられました。いろいろな物理現象に顔を出すこの概念ですが、特に材料開発・設計においてはとても重要な意味を持ちます。今回、お越しいただいた多くの方にこのようなエントロピーの本質を身近に感じてもらうことができたと思っています。

フォトギャラリー

DSC_9144_-_.JPG

DSC_2133_-_.JPG

DSC_2132_-_.JPG