アカデミックデイ2018
印刷する

天然物創薬ケミカルバイオロジー

研究者からの一言 自然に学びながら薬づくりを目指しています。

概要

自然界に存在する微生物や植物が作り出す化学コミュニケーション分子の発見と機能解析を通じて、抗真菌剤や抗がん剤など人類に役立つオリジナリティーの高い薬づくりに挑戦しています。本発表では、微生物の複合培養法による抗真菌剤の開発研究や植物成分の革新的代謝改善による抗がん剤の開発研究などを紹介します。

出展代表者

大学院薬学研究科
 掛谷 秀昭 教授

参加者

大学院薬学研究科
 掛谷 秀昭 教授
大学院薬学研究科/学際融合教育推進センター 生理化学ユニット
 倉永 健史 特任講師
 野中 元裕 特任講師

関連URL

写真:天然物創薬ケミカルバイオロジー

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

自分の研究に関連して紹介したい本

くすりをつくる研究者の仕事

京都大学大学院薬学研究科

薬づくりに関して、化学系、生物学系、物理系、医療系など、多角的視野からわかりやすく解説している入門書。

入門ケミカルバイオロジー

入門ケミカルバイオロジー編集委員会

ケミカルバイオロジーに関する中高生以上を対象にして入門書

若者にお勧めしたい本

栄光なき天才たち, 続栄光なき天才たち, その後のシリーズ

歴史の偉人に関する知られざるエピソードが記載され興味深い。漫画形式なので、小学校高学年から興味がもてるのでは。