アカデミックデイ2018
印刷する

なぜ、アレルギーは増えているの?

研究者からの一言 人の健康と環境を守りたい!から始まりました。

概要

近年、アトピー性皮膚炎、花粉症、気管支喘息などのアレルギー疾患が増えています。アレルギーは、遺伝要因によって、そのなりやすさが決まり、その上に様々な環境要因が加わって、発症したり悪化したりすると考えられています。私たちは、この発症や悪化を促す環境要因として環境汚染に注目しています。

出展代表者

大学院地球環境学堂
 高野 裕久 教授

参加者

大学院地球環境学堂
 本田 晶子 助教
 田中 満崇 特定研究員

関連URL

写真:なぜ、アレルギーは増えているの?

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

自分の研究に関連して紹介したい本

複合汚染

有吉佐和子

1979年に出版された本ですが、現代の環境問題の考え方にも繋がります。複合汚染について知るための読みやすい1冊です。

若者にお勧めしたい本

沈黙の春

レイチェルカーソン

化学物質の環境問題について考えさせられる世界的な名著です。