アカデミックデイ2018
印刷する

生態系を考慮した河道掘削法の提案

研究者からの一言 水害を防ぎ、河口の生物を守る河道掘削法の研究です

概要

加古川河口付近での生物数の減少が河道掘削工事の時期と一致した事実より、工事が生態系に影響を与えていると考え、現在の工事計画の問題点を河川シミュレーションソフトiRIC等を用いて指摘する。また本来の河川整備の目的である防災能力を維持し、生態系に影響を与えない改善案を提供することを目的に研究をおこなう。

出展代表者

兵庫県立加古川東高等学校
 猪股 雅美 教諭

参加者

兵庫県立加古川東高等学校
 猪股 雅美 教諭
 窪田 航介 2年
 幸野 七海 2年
 福嶋 陸斗 2年
 分玉 康太 2年

写真:生態系を考慮した河道掘削法の提案

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー