アカデミックデイ2018
印刷する

アミロイドβの凝集を抑制する天然物

研究者からの一言 アルツハイマー病の予防につながる研究をしています。

概要

アルツハイマー病の発症において、アミロイドβタンパク質(Aβ)の凝集(オリゴマー化)が重要な役割を果たしている。本研究では、機能性食品成分や生薬中の天然有機化合物の中から、Aβの凝集を抑制するものを幅広く検索し、同定したそれぞれの化合物の作用機構を分子レベルで系統的に解析した。

出展代表者

大学院農学研究科
 入江 一浩 教授

参加者

大学院農学研究科
 入江 一浩 教授
 村上 一馬 准教授

関連URL

来場者より

認知症の予防を認知したで賞
いかにも理系の先生で賞
メダカうごいてた賞
夢がある賞
研究者の方がステキすぎるで賞
化学構造の説明がわかりやすかったで賞
ブレインセルかわいいで賞
これからの可能性に期待できるで賞
いっぱい話せて良かったで賞

アカデミックデイを経ての感想

5年連続の参加でした。毎年、皆さんの鋭い質問に驚かされるとともに励みになっています。

フォトギャラリー

02_1.JPG

02_2.JPG

02_3.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

自分の研究に関連して紹介したい本

認知症 – 発症前治療のために解明すべき分子動態は何か?

森 啓 編集

オールジャパンの底力を認知症研究で示すことを目的として編集された。