アカデミックデイ2018
印刷する

温泉で魚と緑を増やす研究

研究者からの一言 温暖化と漁獲高問題その解決策になれればと思います。

概要

日本の中央構造線地帯の川の岸壁等から鉄イオンを大量に含む温泉の湧出が知られています。そこにフルボ酸という腐植生物質を添加し、フルボ酸鉄という酸化せず植物プランクトンが使える成分に変化させ、そのまま川から流れて海にたどり着く事で、植物プランクトンを増やし魚を増やしたり二酸化炭素を減らす方法の研究です。

出展代表者

大阪府立長野北高等学校
 清水 大河 3年

参加者

大阪府立長野北高等学校
 清水 大河 3年
 岩根 啓樹 教員/科学同好会顧問

関連URL

写真:温泉で魚と緑を増やす研究

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶきっかけになった本

鉄は魔法つかい

畠山重篤/小学舘

元々こちらの本を偶然図書館で見つけたのが今の研究のきっかけです。
この本を見つけていなかったら今の研究もありませんでした。
内容は牡蛎養殖家である畠山氏の半生と共に、あまり知られていない海においての「鉄」の重要性と、その「鉄」で魚や緑を増やし、海を豊かにしようとしてきた人達のエピソードが語られます。
字も大きく挿し絵もありとてもわかりやすく纏められてある本です、きっと山や川、そして海への視点が180度変わる本だと思います。