アカデミックデイ2018
印刷する

縁の下の力持ち「触媒」と「計算化学」

研究者からの一言 計算化学で見る触媒の世界を楽しく研究しています。

概要

触媒は私たちの身近でも、化学工業、企業、大学の研究室でも大切です。計算化学も実験では知ることのできないことを私たちに教えてくれます。実は、縁の下の力持ちである触媒と計算化学は密接な関係にあります。そんなことを説明します。

出展代表者

福井謙一記念研究センター
 榊 茂好 シニアリサーチフェロー

参加者

福井謙一記念研究センター
 榊 茂好 シニアリサーチフェロー

写真:縁の下の力持ち「触媒」と「計算化学」

アカデミックデイを経ての感想

フォトギャラリー

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

若者にお勧めしたい本

現代化学史

廣田護

化学の歴史を、優れた物理化学研究者であった廣田護先生(京大理学部名誉教授)が執筆したものです。

学問の創造

福井謙一

日本で始めてノーベル化学賞を受賞された福井謙一先生(当時、京大工学部石油化学科教授)の少年期・青年期の思い出、研究者としての思い出や想い、基礎を重視する考え方(応用をするなら基礎からをやれ)、倫理的に優れた研究者とは、などが書かれており、理工系の学生さんに読んでほしい