アカデミックデイ2019
印刷する

くすりの効果を評価する:統計学の研究

研究者からの一言 医薬統計学って知っていますか?

概要

私たちは病気にかかったとき,「くすり」を服用します.新しい薬を開発する場合,これまでの薬よりも効果があるかどうか調べるために,臨床試験が行われます.私は,臨床試験から得られるデータから,新しい薬の効果を「より適切に」評価するための,統計解析手法の開発を目指しています.

出展代表者

大学院医学研究科
 魚住 龍史 講師

参加者

大学院医学研究科
 魚住 龍史 講師

来場者より

薬賞
くすりの効果を評価する賞
ためになったで賞
白熱していたでしょう賞
とてもわかりやすく説明して頂きました賞
統計学説明大変分かりやすかったです賞

写真:くすりの効果を評価する:統計学の研究

アカデミックデイを経ての感想

今回,中学生・高校生・大学生から社会人まで,幅広い年代の皆様が話を聞きに来て下さり,大変有意義な時間を過ごすことができました.特に,新しい薬の開発に統計学が応用されていることに興味を持ってくれた学生が多く,大変嬉しく思いました.ちゃぶ台は聴講して下さった皆様との距離がとても近く,質問が出やすい雰囲気だったと思います.終了時間を超えた後も議論が盛り上がりました.また,出展された他の研究者との交流もとても有意義な時間でした.研究者の皆様がそれぞれ創意工夫を凝らした発表をされていて,自分の発表方法を見直すこともできました.

フォトギャラリー

5001.JPG

5002.JPG

5003.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今の仕事(研究、進路)を選ぶきっかけになった本

学会・論文発表のための統計学―統計パッケージを誤用しないために

浜田 知久馬/真興交易医書出版部

私が学部生のときに読んで,医薬統計学を学びました.

自分の研究に関連して紹介したい本

生存時間解析 応用編:SASによる生物統計

大橋 靖雄, 浜田 知久馬, 魚住 龍史/東京大学出版会

私も共著者として執筆した本です.本日の研究に関連したトピックも網羅されています.生存時間解析に従事する実務家を目指す方にとって有益な1冊であると確信しています.

自分の研究に関連して紹介したい本

宇宙怪人しまりす医療統計を学ぶ

佐藤 俊哉/岩波書店

本学の医学研究科の先生が執筆された本です.私の研究では,「生存率」「死亡率」といった統計用語を取り扱うことになりますが,それらの用語の定義を再考するきっかけにもなります.医薬統計学を学習する方が読むべき1冊といえます.