アカデミックデイ2019
印刷する

ミクロな細胞と会話する光技術

研究者からの一言 スマホ顕微鏡のビデオ撮影、記念にいかが?

概要

我々はこれまで、物言わぬ細胞が発する「声」を聴くためにナノサイズの蛍光センサーを作る・見る技術を磨いてきた。さらに近年は、分子生物学の世界を席巻する新技術、オプトジェネティクスで細胞に「語りかける」研究を推し進めている。出展では、2つの技術の融合が可能にした「細胞と会話する」最新光技術を見せます。

出展代表者

大学院医学研究科/大学院生命科学研究科
 松田 道行 教授

参加者

大学院医学研究科/大学院生命科学研究科
 松田 道行 教授
大学院生命科学研究科
 佐藤 慎哉 助教
 寺井 健太 准教授
 一瀬 大志 研究員
 田中 泰生 博士課程1年
 吉田 琢哉 修士課程2年
 範 楚芸 研究生
大学院医学研究科
 平島 剛志 講師
 廣田 圭昭 研究員
 金城 智章 博士課程4年
 渡部 哲也 博士課程3年

関連URL

来場者より

スマホでゲット賞
ワクワクさせてくれた賞
やがて細胞と会話できるで賞
視えることは分かることで賞
ミクロな細胞と…知らない世界を教えてくれたで賞
分かりやすかった賞
早く応用してほしいで賞
これからも頑張ってほしいで賞
研究は日進月歩で賞

アカデミックデイを経ての感想

多くの方にご来場いただきまして、ありがとうございました。来場者の方からも、光技術を使った「細胞との会話」で実現するかもしれない新しいアイデアをいくつか頂きました。自分たちの技術を使ってどのような未来像が描けるのか、ということを考える上でとてもよい機会となりました。次の機会にもぜひお越しくださいませ。

フォトギャラリー

0901.JPG

0902.JPG

0903.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

自分の研究に関連して紹介したい本

みんなのArduino入門

高本 孝頼/リックテレコム

イタリア発で世界的に普及した汎用マイコンボードArduinoの入門書。コンピューターとArduinoが1台あれば安い部品と簡単な工作、初歩的なプログラミングで驚くほどたくさんの便利なおもちゃ、実用的な電子工作などが作れます。研究の現場でも使用中(佐藤)