京都大学のキャンパスは大きく三つに分かれている。メインキャンパスの吉田キャンパスと「テクノサイエンスヒル」を目指す工学系の桂キャンパス、そして自然科学・エネルギー系の研究所が置かれる宇治キャンパスだ。この宇治キャンパスの研究者3人が、センター試験時の試験監督をきっかけに意気投合し、専門分野が違うにも関わらず、キャンパス内で咲く花について共同研究を開始。本業とは異なる分野のジャーナルに複数の論文を発表した。研究のきっかけや協力体制などについて話をきくと、京都大学だからこそ生まれた成果であることが見えてきた——。

「香りユニット」結成のきっかけは試験監督後の打ち上げ

化学研究所に所属する柘植知彦准教授と肥塚崇男助教(現山口大学助教)、古田巧准教授は、2013年1月20日のセンター試験で試験監督を担当した。同じ研究所内でお互い顔見知りではあったものの、それまで一緒に仕事したことはなかった3人が、試験監督の説明会で「試験後のお疲れさま会」を企画。お互い「植物好き」とは知っていたが、それほど深く話したことはないので、せっかくだから試験監督が終わった後に一杯やりましょうと、話がまとまったという。

柘植准教授は兵庫県生まれ。幼少時を米国で過ごし、日本の中・高を卒業後は早稲田大学理工学部に進学、応用生物科学で修士(工学)を修得した。その後、東京大学理学系研究科で植物の形態形成の研究で博士(理学)を修得。理化学研究所と米イェール大学、農業生物資源研究所を経て、京都大学化学研究所に着任した。自分のことを「根無し草」というが、京大に移って早15年。のびのびと自由に研究できる環境がありがたいと話す。

肥塚助教も兵庫の出身だ。代々続く味噌屋の息子で、小学校の文集で「世界一の味噌屋になる」と書いた少年は、後を継ぐつもりで山口大学農学部に進学。「発酵を学んでおけば役立つかな」というぼんやりとした学部選択で大学院にも進んだが、入った研究室で脂肪酸代謝に関する遺伝子を世界で初めて同定したことをきっかけに、研究者の道を選んだ。小さな発見だったと言うが「自分の目の前で誰も知らないことを知る喜びと満足感」に目覚めたという。専門は植物生化学で、今は主に「香り」を研究していることから、味噌屋を継がなかったものの将来は、味噌造りに適した大豆の品種改良や味噌の官能評価、分析などで、実家に貢献できればと考えている。2009年に京大に着任し、2013年秋からは山口大学で研究を続けている。

古田准教授は広島出身。小さな頃から植物好きで、広島大学の研究者が主宰する「山歩きしながら植物を教える会」に小学校時代から参加した。高校まで、老若男女問わず多くの人々と山歩きしながらたくさんの植物に接して育ち、岡山大学薬学部に進学した。植物好きだったことから、修士課程まで薬用植物を中心に研究。「生き物の機能を解明したい」と思いつつも、所属が薬用植物関連だったことから、化学が大切だと考えて合成化学分野に進んだ。

左から柘植准教授、肥塚助教、古田准教授
左から柘植准教授、肥塚助教、古田准教授

 

化学研究所というChemistryが中心の環境で生物をやっている研究者はそれほど多くないため、「植物好き」という接点で繋がった3人が仲良くなるまで時間はかからなかった。3人はセンター試験終了後、とある植物の名を店名に冠した居酒屋で、店名の植物や生薬の話などで盛り上がる。その中で話題に上ったひとつが、宇治キャンパスでセンター試験の季節に香るビワの花だった。