「わたしらが作ってん!」と小学生が誇らしげに語る学校図書室があると聞き、京都市立洛央小学校を訪ねた。正面玄関から校舎に入ると夢のような空間が広がる、それが、京都大学工学研究科建築学専攻・建築環境計画学講座(門内輝行教授)と小学生とのコラボレーションによって生まれ変わった「ブックワールド」だ。完成後もさまざまな人々を巻き込みながら成長するブックワールド。門内教授らにこのプロジェクトへ込めた思いを聞いた。

私たちの暮らし、発見のデザイン

 洛央小学校は、京都の中心街、四条烏丸界隈からほんの少し南へ下ったところにある。小学校の校舎としてはめずらしく、正面玄関から入ってすぐ、1階の広々とした空間に図書室がある。2013年から2014年にかけて、門内研究室は8ヶ月にわたってこの図書室「ブックワールド」の改修を手がけた。改修を終えたあとも研究室と小学校の関係は続き、ワークショップを開催するなど図書室の可能性を拡げる取り組みを継続している。

 ブックワールドの約800㎡のスペースは、「未来・宇宙」「自然・原っぱ」「暮らし・住まい」という3つの異なる世界を重ね合わせて作られている。床のカーペットは草原を思わせる緑を基調とし、中心部で丸を描く青い部分は池や水の惑星などいくつものイメージを想起させる。斜めに配置された本棚と、自由に動かせる台形のテーブルは船のよう。這いつくばって入ることのできるトンネルは、子どもが大好きな秘密基地。トンネルの上は、図書室全体を見晴らせるステージだ。ブックワールドに面したランチルームや理科室からアクセスすると、同じブックワールドが違った場所に見える。能舞台のように、宇宙にも大海原にも姿を変えるのだ。赤や青のキューブ型のクッションを持っていけば、本棚のそばで本が読める。椅子は、アルネ・ヤコブセンがデザインしたセブンチェア。赤いてんとう虫を模した、穴の空いたローテーブル。暗くて画一的な学校図書室のイメージを覆す、楽しげな空間。子どもたちがつい引っかかってしまう罠があちこちに仕掛けられている、ブックワールドはそんな場所だ。改装前は、もともと図書室ではなかったホールに本棚と閲覧机が並んだだけの単調な場所で、本の利用も少なかった。現在は、本を読む子どもたちの姿が増えたという。

[写真提供: 門内研究室]
[写真提供: 門内研究室]

 2014年12月のある日、授業が始まる合図とともに6年生がブックワールドに集まってきた。これから門内研究室によるワークショップが始まる。幅8m×高さ4mのスクリーン(絵も描ける)にスライドを映し、門内教授が今日の課題を説明する。まずは、「うなぎの寝床」とも言われる細長い敷地に建つ町家で構成される京都の町並みと、景観規制の話。小学生にはちょっと難しいのでは?しかし、子どもたちは食い入るように聞いている。「今日は、LEGOを使ってみんなに町を作ってもらいます。」

 子どもたちは数名のグループに分かれ、指導役の学生(院生と学部生)といっしょに作業を始めた。京都市の景観規制は厳しいことで知られるが、門内教授らは伝統的な町家が守ってきたような共通のルールを子どもたちに課した。「奥庭をとる」「建物は道路側に建てる」「高さは3ブロックまで」「道路側には必ずひさしをつける」など。一人ずつに与えられた細長い厚紙が敷地だ。そこに、はみ出さないようLEGOで家を建てる。子どもたちは規制の中で懸命に創造力を働かせ、LEGOを組み上げる。ある時は一人で、ある時は友だちと意見を交わしながら。次に、グループでみんなの敷地を組み合わせてみる。そして最後にすべてのグループの敷地を組み合わせると、6年生の児童全員の合作として見事な街区の模型ができあがった。「予想以上のできばえ」と門内教授も舌を巻く。学生たちがスマートフォンのカメラをLEGOの町に近づけると、小さな家々がスクリーンに大きく映し出される。まるで本当の家や町がそこにあるかのよう。子どもたちも自分たちの作品に目を見はった。

 ワークショップの次の段階では、いくつかの規制を緩和し、もう一度家を組み上げてみる。高さ規制がはずれると、途端に高く伸び始める建物。創造力全開だ。再び全グループの敷地を集めると、最初の町より少し統一感はないけれど、独創性のあふれる町になった。「屋根をつなぎ、隣の人が自由に行き交って会話のできる空間」など、ユニークなコンセプトが詰め込まれている。子どもたちは、家、町、そして都市と空間が大きくなるに従って、ルールの大切さや町の人々との関係が重要になってくることを身をもって体感しただろう。

 門内教授は、「建築を教えているのではない。建築を通して生命と暮らしの大切さを教えている。建築とは、そこに生きる人々の活動そのもの」と述べる。洛央小学校ブックワールドプロジェクトは、図書室という物理的な場のデザインにとどまらない。今回のLEGOを使ったワークショップも含め、2014年度は「図書室の使い方をデザインする・今あるものの価値の発見をデザインする」のテーマのもと、数回のワークショップを開催している。

LEGOを使ったワークショップ [写真提供: 門内研究室]
LEGOを使ったワークショップ [写真提供: 門内研究室]