ヒトの額のあたりに大脳皮質前頭連合野がある。この部位は時々刻々と変化する周囲の状況に基づいて、最適な判断や意思決定する機能を担っている。この前頭連合野の機能に関する研究で国内外から高い評価を受けている脳研究者が、船橋新太郎教授だ。前頭連合野の機能の解明という夢を叶えるべくアメリカへ飛び立った若き日の船橋教授が、京都大学の吉田キャンパスで脳研究をスタートさせるに至る波瀾万丈のエピソードをご紹介する。

Dream —— 脳の迷宮へ

 いまや「脳科学」は教育系のテレビ番組だけでなく、娯楽番組や雑誌でも取り上げられ、一般の人々にも随分と身近な存在になった感がある。かつては医学系の研究者が行う研究分野だったが、今では、医学や工学のみならず、心理学、数学、物理学など、複数の異なる専門分野の研究者が参加する学際融合的な研究分野として、飛躍的に発展している。本ドキュメンタリーは、時代を四半世紀以上、さかのぼるところからはじまる。

 船橋は、当初から脳の機能に興味をもっていたわけではなかった。もともと生物学に興味があり、大学では生物学に進もうと考えていた。大学受験を準備していた時に、たまたま『卵はどのようにして親になるか——発生と分化のしくみ』(岩波新書)を読み、1個の細胞が様々に分化して個体ができあがる仕組みに魅了され、その著者であった林雄次郎教授が在籍する東京教育大学(現在の筑波大学)理学部動物学科へ進学した。

 ところが、である。当時の東京教育大学は筑波移転問題で大混乱の中にあり、林教授は筑波移転に反対する教員の1人であった。船橋が大学3年になった時、東京教育大学廃校・筑波大学新設が政府によって決定され、同時に林教授はこれに反対し、突然退官してしまった。目標を失い、落胆していた船橋に声をかけたのが渋谷逹明助教授(当時)だった。渋谷助教授は大型のヤモリを用いた生理実験を行っており、その実験の手伝いを船橋に頼んだのだ。船橋は「生理学に特に興味があったわけではなかった」のだが、渋谷助教授と共に実験することで、各種機器の使い方、神経活動の記録のためのガラス微小電極の作り方、動物の麻酔や手術の方法など、電気生理実験に必須のテクニックを習得していった。

 東京教育大学の大学院修士課程に進学後のある日、参加した日本生理学会で、京都大学霊長類研究所の久保田競教授(当時)による、サルの前頭連合野の機能に関する研究発表に引きつけられた。「これは面白い!ヒトの精神機能そのものの仕組みを知ることができる研究だ。これだ」。久保田教授とさっそく連絡をとり、1979年に京都大学大学院理学研究科に進学し、霊長類研究所で久保田教授の指導のもと、サルを使った前頭葉の研究を始めた。久保田教授のもとでの研究は新しい経験ばかりで、サルの扱い方はもちろん、コンピュータの使用法やプログラムの作成、動物の飼育・訓練・手術、実験に必要な機器の作成や修理、データの取得・解析・表示の表現方法など、サルを使った脳研究に必要な様々な経験を積むことができたという。久保田教授の大変厳しかった指導が、今となっては懐かしく思い出されると、船橋は回想する。

エール大学時代の船橋教授(中列の中央)とPatricia Goldman-Rakic教授(前列左から二人目)
エール大学時代の船橋教授(中列の中央)とPatricia Goldman-Rakic教授(前列左から二人目)

 京都大学で理学博士の学位を取得後、奈良県立医科大学の助手になっていた船橋にとって、次の大きな転機は、1983年に米国エール大学医学部のPatricia Goldman-Rakic教授の研究室に留学し、研究を開始したことであろう。Goldman-Rakic教授は、前頭連合野の機能に関する代表的な研究者の一人で、その研究グループではアカゲザルを使って、前頭連合野の先駆的な解剖学的研究や神経心理学的研究、薬理学的研究が精力的に行われていた。船橋は、彼女にとっては新たな研究分野である神経生理学的研究を行う研究員として、研究グループに加わった。

 アメリカでの実験室の立ち上げにかなりの時間を費やした、と船橋は言う。必要な実験機器が全てそろうのに半年以上かかり、それから動物の訓練などを始め、最初の神経活動が前頭連合野から得られたのが1年半後であった。その後、同僚のCharles Bruce博士の協力を得て研究は順調に進んだが、最初の成果が論文として報告される1989年まで論文は全くなかった。

 Goldman-Rakic教授から受けた「励まし」の言葉は、「論文を作ろうと思えばいくらでも作れる。でも、論文の数より、教科書に掲載される論文が10年にひとつあることの方が大事」ということであったという。1987年の「ワーキングメモリの概念を使うことで前頭連合野の機能を説明できる」という彼女の提案と、1989年の船橋、Bruce、Goldman-Rakicの論文により、「ワーキングメモリ」が前頭連合野の重要な機能であることが示され、1990年代以降、前頭連合野に関する研究や報告が爆発的に増大している。