アフリカでしばしば大発生し、農作物に深刻な被害を及ぼすサバクトビバッタ。防除のために巨額の費用が投じられているが、未だに根本的な解決策は見出されていない。その謎に包まれた生態を調査するため、単身、西アフリカ・モーリタニアに渡った日本人がいる。「愛するものの暴走を止めたい」と語る、野生のサバクトビバッタ研究者、前野ウルド浩太郎、その人である。

「相変異」の解明が世界を救う


 アフリカに生息するサバクトビバッタは「相変異」を起こすバッタだ。環境によって「相」、つまり、モードを変える。普段はお互いを避け合うおとなしい「孤独相」を示しているものの、エサが乏しい状況下などで限定された場所に集まり、他個体とぶつかり合いながら育つと、群れることを好み、獰猛な性格の「群生相」となる。孤独相の時は、周囲にある植物の緑など、生息している環境に合わせて自分の体色を似せて天敵の目をくらますが、群生相になると黒や黄色といったハッキリと目立つ体色になる。「孤独相」と「群生相」で性格も見た目もまるで変わってしまうのだ。

サバクトビバッタの生態について説明をする前野氏。
サバクトビバッタの生態について説明をする前野氏。

 孤独相の時は無害なサバクトビバッタも、ひとたび群生相になると害虫と化し、しばしば農被害をもたらしてきた。アフリカにおけるサバクトビバッタの蝗害(こうがい)の歴史は長く、聖書やコーランにも「神の罰」と、その深刻な状況が記されている。2003年にモーリタニア、マリ、ニジェール、スーダンといった西アフリカで大発生した群れは、130,000平方キロメートルもの広大な地域に拡散した。蝗害対策を行う国際連合食糧農業機関(FAO)の試算によると、のべ20ヶ国以上が受けた農被害の総額は25億ドルにも上り、対策費として4億ドル以上が投じられたが、被害は2005年に降水量が減り、気温が下がるまで長く続いた。

  人類は古くから、バッタの異常発生による災害、「蝗害(こうがい)」に悩まされてきた。大量に発生したバッタは集団を形成して移動と産卵を繰り返しながら、農作物に限らずあらゆる植物を食べ尽くす。国土の狭い日本では、蝗害を引き起こすバッタ類が数世代に渡って大集団を作る環境がないため、ここで言う「蝗害」は、ごく限られた地域や時代にしか起きていない。蝗(イナゴ)という字が使われているが、イナゴと個体群の密度といった環境の変化によって姿を変える「相変異」を示すバッタは厳密には別のものである。

 昆虫は、自身の生存と子孫の繁栄のために様々な環境適応能力を持っている。サバクトビバッタの相変異も生き延びるための変化のひとつである。彼らにとって、高頻度でぶつかり合うことは、エサ不足などの厳しい環境の訪れを意味するシグナルであり、孤独相から群生相へとモードを変えることは止められない。

 サバクトビバッタの大量発生と農被害の拡大を防ぐために行われているのは、殺虫剤による幼虫の駆除だ。しかし、効率よく防除するためには成虫になって飛翔する前に発見しなければならないため、アフリカの広大な地域を適切にカバーすることは非常に難しい。そこで長年、注目され続けているのが、サバクトビバッタの相変異のメカニズムを解明することだ。群生相化を阻止することが、最適な防除策であり、100年以上に渡って研究が続けられている。

サバクトビバッタの「孤独相」幼虫(左)と「群生相」幼虫(右)。孤独相の緑の体色と群生相の黄色と黒色が混じった目立つ体色との違いに注目。
サバクトビバッタの「孤独相」幼虫(左)と「群生相」幼虫(右)。孤独相の緑の体色と群生相の黄色と黒色が混じった目立つ体色との違いに注目。

 白眉センター・昆虫生態学研究室の前野特定助教が、サバクトビバッタと出会ったのは、つくば市にある農業生物資源研究所だった。幼い頃、「ファーブル昆虫記」に魅せられた当時のように、相変異によって鮮やかに体色を変えるサバクトビバッタに強く興味を惹かれ、時にアフリカで猛威を振るう彼らを「愛するものの暴走を止めるために」、研究対象とすることに決めた。

 博士課程のために神戸大学に籍を置きながら、つくば市の研究室で飼育されたサバクトビバッタの研究を続け、その間、膨大な文献や論文を読み漁った。そして「これでは足りない」と感じた。「なぜ誰も野外調査を行わないんだ?」…先行研究のほとんどが、実験室内で行われており、サバクトビバッタが生息する地域での野外調査がほとんど行われていないことが気になるようになった。野外での生態に関する情報が欠如しているようでは、防除のため技術は進歩しない。このまま環境を汚染するリスクを負いながら広大なアフリカの発生地域に殺虫剤を散布し続けていて良いのか?疑問を解決するには、現地に行くほかなかった。

 2010年、サバクトビバッタの発生地域のひとつである西アフリカの砂漠の国、モーリタニアに渡り、現地を視察した。なぜ、野外調査を行う研究者がいないか、理由が分かった。
白人の研究者はテロリストのターゲットになる可能性が高く、現地の研究者は国外で学位を取得した後、帰国すると各国の研究施設の要職に就いてしまい、現地調査に出る機会が失われてしまうのであった。「ならば、日本人の研究者である自分の出番だ」…そう確信して、視察した「モーリタニア国立サバクトビバッタ研究所」に置かれた来訪者用ノートに「I'll be back」と書き残した前野氏は、翌2011年、日本学術振興会海外特別研究員として、モーリタニア国立サバクトビバッタ研究所に赴任した。

【次ページ】孤独相から群生相化した研究者