文部科学省による博士課程教育リーディングプログラムの支援を受けた「京都大学霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(PWS)」は、フィールドワークを主体とした実践的なカリキュラムを通じて、これまで京都大学が力を注いできた大学院教育に「野生生物保全」と「動物福祉」と「アウトリーチ」の3つの視点を加え、学術分野のみならず社会貢献にも直結したグローバルな人材を育成するためのプログラムだ。PWSを構想したのは、現京都大学高等研究院の松沢哲郎特別教授。PWSを通じた人材育成について、プログラムコーディネーターの松沢教授に話を聞いた。

新たな大学院教育プログラム

真理を追究する研究者の育成は、大学院の大切な使命だ。だが、世界規模で複雑な問題が生じ、現代社会は混迷を極めている。その解決策を提案するためには、研究者レベルの専門知識を持って、かつリーダーシップを発揮できる人材の養成が、大学院教育に期待されている。京都大学大学院ではこれまで、学術研究方面において世界で通用する人材を数多く輩出してきた。しかし、研究者以外の道についても示すようなカリキュラムは、意識的に組まれてはいなかった。そこで、研究者としての将来を強く推奨すると同時に、学術以外の進路についても考える人材を育てる、フィールドワークを基礎とした教育課程が求められた。例えば、絶滅の危機に瀕する野生動物を保護する国際機関や行政機関の職員、野生動物研究を教育に結びつける博物館や動物園や水族館等の博士学芸員、さらには生涯をかけた研究を通じて日本と外国との架け橋になれるような人材である。こうしたワイルドで優秀なグローバル人材を育てるためのプログラムとして、霊長類学・ワイルドライフサイエンス・リーディング大学院(PWS)が平成25年10月1日に発足した。

文部科学省が掲げる「博士課程教育リーディングプログラム」は、「優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くため、国内外の第一級の教員・学生を結集し、産・学・官の参画を得つつ、専門分野の枠を超えて博士課程前期・後期一貫した世界に通用する質の保証された学位プログラムを構築・展開する大学院教育の抜本的改革を支援し、最高学府に相応しい大学院の形成を推進する事業」だ。平成23年度から採択が始まり、これまでに全国30大学で計62プログラムが進行している。

これらプログラムの中でPWSが他と大きく違う点が3つある。一つ目は、フィールドワークの実習・実践をカリキュラムの主軸に置いて必修にしていることだ。学生には、「書を捨てて野山に出よう」と呼び掛けている。二つ目は、1学年あたり約5人という少人数制。学生とメンター教員の比率は約1:2となっている。最後に、外国人留学生を多く擁した国際性だ。平成28年からの新履修生を含めた5学年の計29人のうち外国人留学生は10人。履修生は世界遺産の屋久島、天然記念物の野生ニホンザルが生息する幸島、京都大学の笹ヶ峰ヒュッテといった場所でフィールドワークの基礎やサバイバル技術を身につける。その後、「いつでも、どこでも、なんでも」というスローガンによる「自由の精神」で、自ら進んで国内外の研修に向かう。全経費はリーディング大学院が負担するため、フィールドワークに専念できる。また、プログラム履修中には海外での野外研究に必要な複数の言語習得も求められる。世界共通語の英語は当然としてフランス語などの国連公用語、さらには野外研究を進めて進める上で必須な現地語の学習も奨励される。

PWS年次シンポジウムに世界各国から集まった参加者=2016年3月、愛知県犬山市
PWS年次シンポジウムに世界各国から集まった参加者=2016年3月、愛知県犬山市

「自由の精神」でフィールドワークに集中できるPWSは、履修希望者が多い。選考は2段階で、まずは京都大学大学院理学研究科生物科学専攻の大学院生になる必要がある。例外的に他の専攻も受け付けるが、京都大学の大学院生であることは必須だ。次の履修生選抜試験では、(1)プログラム履修の志望動機の作文、(2)英語によるポスター発表、(3)英語を母国語とする外国人教員による英語面接での語学力判定、(4)教員10人前後との面接による口頭試問、が評価対象となる。通常の大学院カリキュラムに加えたPWSプログラムの履修で、フィールドワークの基礎をもった研究者の卵を育てようとしている。

実習・実践を必修とし、少人数制を貫いたのは、松沢自身の実体験に基づいたものだ。松沢は、少人数制の有効性を京大のユニークな学部教育である「ポケゼミ(1回生のみを対象にした少人数制セミナー)」で経験した。フィールドワークと少人数教育、そして早くから海外に目を向けることが、これからの教育現場で効果的かつ必要なことだと判断した。さらに、フィールドワークこそ基本との考えを支えるのが、京大山岳部で過ごした時間だった。