「ある土地で大地震が起こる頻度は百~数百年に一度。地震を理解し、今後の防災に役立てるためには昔の災害が記録された古文書を読み解かなければなりません」と、古文書の解読に取り組む科学者たちがいる。彼らはいま、分野を越えて人文学の研究者たちとともにデジタル技術を活用して解読を加速させつつある。みんなで読めば、困難は乗り越えられる。「読む」ことを通じて越境し続ける研究者たちに、「読む」ことから拡がる知の可能性について話を聞いた。

地震学者と古文書

 2015年の初秋、北部構内にある理学研究科セミナーハウスの高い天井の下で、スクリーンに映しだされた古い絵図に頭をひねる人々がいた。スクリーンを前にコの字型に座り、たどたどしく「ゆう…がた、やま…つ…なみ?で、そうろう…」などと、絵図に書かれた毛筆文字を順に読み上げる人々は、老若男女が入り交じり、一見すると何のグループか分からない。

 絵図には、天明3年(1783年)に起こった浅間山の大噴火で逃げ惑う人々など、当時の大災害の様子が生々しく描かれている。絵図には毛筆文字で説明書きがあり、講師がこれらの読み方を指導している。

 これは、地震学研究室・中西一郎教授が主催する古地震研究会の合宿の一コマ。研究会では週に一度の定例会の他、年に一度、昔の災害を記録した古文書を集中的に読む合宿を行っている。研究者ではない人々や図書館の職員も混じっているが、参加者の多くは理学部生や災害の研究者など、いわゆる「理系」の人たちだ。参加者の一人、防災研究所・加納靖之助教に話を聞いた。

京都大学防災研究所附属地震予知研究センター 加納靖之助教
京都大学防災研究所附属地震予知研究センター 加納靖之助教

「私は何でも『測る』のが好きなんです(笑)。地下水の観測によって得られた水位変化や、地震による地面の伸び縮みについて研究してきました」

 そんな研究を続ける加納氏が、なぜ古文書を読む研究会に参加しているのだろう?

「観測による地震の数値データが記録され始めたのは、明治以降です。大地震が起こる頻度は数百年に1回程度。データが残る150年程度の観測記録から分かることは、まだまだ少ないのです。地震を理解するためには、古文書に記された地震の記録を読み解かなければなりません」

 ここで、古文書を前にした現代の理系研究者に大きな壁が立ちはだかる。古い地震について書かれた絵図や文献は、草書体や行書体の「くずし字」で書かれており、現代の人々が読みこなせるまでには、かなりの時間と労力が必要なのだ。くずし字や手書きの文字を読んで現代の文字に書き換えることを「翻刻(ほんこく)」という。翻刻に慣れている国文学や日本史の学生や研究者に地震についての古文書を読んでもらう方が、理系研究者が古文書と格闘するより効率的なのではないか?

「例えば、海で大きな波が起こった記録があったとすると、防災研究者自身が読むことで、その大波が地震による津波なのか、台風による高波なのか、違いが分かるのです」

 古い時代の地震研究は、今に始まったことではない。関東大震災といった大地震を経験し、日本の地震学を創始した研究者たちは古文書を読むことができた世代で、当時も古文書から古い地震について調べていた。近年では、東京大学の宇佐美龍夫名誉教授らの精力的な研究によって、日本各地に残る古文書から地震に関する記述が翻刻され、整理されつつある。今後の古地震研究では、もっと多くの古文書から地震情報を読み解き、検索可能な形で後世に残すことが課題の一つだと、加納氏は語る。京都大学は地震に関する多くの文献を所蔵しており、研究の余地はいくらでもある。

 しかし、地震研究における最終目的は、古文書を読み解くことではない。翻刻から得られたデータを整理・分析し、活用できる形にして発表し、近い未来や遠い将来の地震対策に役立てなければならない。そのために解読をより効率よく行う方法を模索していた加納氏が出会ったのが「SMART-GS」だった。