「宇宙に関連した異なる分野の連携と融合による新しい学問分野・宇宙総合学の構築」を目指して2008年に設置された組織、「宇宙総合学研究ユニット(通称・宇宙ユニット)」が、この春、2014年4月より「人類の生存・活動空間としての宇宙」をキーワードに掲げて新たなプロジェクトを始動させる。

既存の枠を越えた新しい融合

 

 2013年度の時点で15部局の併任教員、学外との共同研究部門に専任・特任教員が所属する横断組織「宇宙ユニット」。その設立の目的は、①「宇宙理工学に関する基礎研究を推進する」と共に、②「学際的、総合的な新しい宇宙研究を開拓する」こと。その名の通り「ユニット」は発足以来、既存の枠を越えて、様々な人を結びつけてきた。今回は、「宇宙ユニット」が強めてきた「つながり」を軸に、ユニットが担う、研究、社会連携活動、教育という3つの役割をご紹介する。

 京都大学と宇宙航空研究開発機構(JAXA)が、連携協力に関する基本協定を結んだのは2008年4月21日。同年、設立された「宇宙ユニット」 は、2010年4月より、JAXA宇宙科学研究所 (ISAS)と「宇宙環境の総合理解と人類の生存圏としての宇宙環境の利用に関す る研究」をスタートさせた。

 共同研究の柱は「太陽物理学を基軸とした太陽地球環境の研究(理学分野)」と「宇宙生存圏に向けた宇宙ミッションデザイン工学に関する研究(工学分野)」の2本。目指すのは、研究者が各々の枠を越えることによって生まれる「新しい融合」だ。

宇宙ユニットの活動を説明する磯部氏(左)と柴田氏(右)
宇宙ユニットの活動を説明する磯部氏(左)と柴田氏(右)

 「新しい融合」は、新しい宇宙利用概念や、新しい宇宙プロジェクトの創出を生む。宇宙研究の推進には、何よりも研究者が自身の専門分野の枠を越える必要がある。「宇宙ユニット」の副ユニット長である柴田一成(しばたかずなり)理学研究科附属天文台長・教授は、「これからの研究者は、あらゆる分野の研究者とコミュニケーションが取れなければならない」と語る。確かに、柴田教授自身、既存の枠を越える実践者である。

 太陽研究を専門とする柴田教授は、太陽で起こるフレア(爆発)で放出される高エネルギーの放射線や大量のプラズマの塊が地球上に到達すると、磁気嵐を引き起こして無線通信を妨害したり、発電所の停電を引き起こすなど、社会インフラに深刻な影響を及ぼすことから、太陽活動にともなう地球周辺の宇宙環境の変化を予測する「宇宙天気予報」の必要性を説いた。特に、地磁気や大気などの遮蔽物のない大気圏外では、宇宙飛行士や機器が大きなダメージを受ける可能性が高く、その研究は世界の注目を集めている。

 柴田教授の太陽研究は「宇宙天気予報」に留まらず「新しい融合」を生もうとしている。太陽フレアが、地球上の生物の進化の過程に大きな影響を与えたのではないかという仮説を立て、物理学の枠を越え、生物学、医学にも関連する「宇宙における生命の生存条件は何か」といった問題にも取り組んでいる。「私自身、専門である太陽に関すること以外、多くの知識を持っていません。だからこそ、自分の研究を広げる可能性のある他分野の研究者に分かるように、伝え方を磨くように心がけています」と語る柴田教授。これは「宇宙ユニット」がセミナーやシンポジウムといった場を設ける意義のひとつである。

宇宙ユニットシンポジウムは2008年度から毎年開催されている。
宇宙ユニットシンポジウムは2008年度から毎年開催されている。

 「宇宙ユニット」は設立以来、最新の宇宙研究を行う研究者を講演者として招く「宇宙ユニットセミナー」や、高校生や大学生を対象とした「宇宙ユニットシンポジウム」を精力的に行ってきた。宇宙に関連する分野間の交流や情報の発信を深めるために企画されたふたつの場は、基本的に参加オープンであり、発表者にとっては分野外の聴衆を相手に発表する機会となった。「話を聞いていただく方が、どの程度の知識をもっておられるか分からないという状況は怖いものです。でも、丁寧にプレゼンを組み立てると、しっかり反応が得られるわけです。自分の研究テーマに関心を示していただくことが、新しい何かを生み出す第一歩になることは間違いありません」という柴田教授の言葉通り、「宇宙ユニット」が行う社会連携活動は、研究の交流や「新しい融合」の大きなきっかけとなっていることは間違いない。

 

【次ページ】どんなことでも宇宙と結び付く