分野横断グループ

参加できる研究トップへ戻る

ドローンフィールドサイエンス活用研究会

ドローンがフィールドサイエンス全般を一変しうる

最終更新:2016年11月24日

ドローンを用いてフィールドサイエンスの研究基盤を拡張する

代表者

写真:ドローンフィールドサイエンス活用研究会

益田岳(京都大学 地球環境学堂/ 特定研究員)

メンバー

渡辺一生(総合地球環境学研究所/プロジェクト研究員)

主な活動場所 京都大学内
関連情報

http://www.chikyu.ac.jp/publicity/events/etc/2015/1120-21.html

活動情報

終了
写真:ドローンのフィールドサイエンス活用研究と強化実習(第2回ドローンフィールド科学活用研究会)

ドローンのフィールドサイエンス活用研究と強化実習(第2回ドローンフィールド科学活用研究会)


日時

2015年11月20日(金)~11月21日(土)


会場

京都大学上賀茂試験地


メンバー

・益田岳(京都大学地球環境学堂・特定研究員)

・渡辺一生(総合地球環境学研究所・プロジェクト研究員)


ワークショップ概要

「ドローンのフィールドサイエンス活用研究と強化実習(第2回ドローンフィールド科学活用研究会)」

◆11月20日(金)

13:00-13:10
趣旨説明

13:10-14:10
「ドローン With 防水&サーモグラフィーおよび各国の法制度とドローン墜落要因について」益田岳 氏(京都大学)

14:10-14:50
「文化財保護におけるドローンの役割」金田明大 氏(奈良文化財研究所)

14:50-15:10
休憩

15:10-16:10
「日本のドローン産業と法制度」 奥村周也 氏(SkyLink Japan社)

16:10-17:10
ライトニングトーク

Ø 「農作物病害虫診断(構想)」岡留和伸 氏(京都府農林水産技術センター 農林センター)
Ø 「アイガモロボットプロジェクト紹介」竹村真人 氏(フリーランス)
Ø 「ドローンを使用した時に経験した想定外のトラブルあれこれ」渡辺一生 氏(地球研)
Ø 「ドローンを使った森林生物調査」木村一也(石川県森林組合連合会)
Ø 「吸血ー休息ー産卵 マラリア媒介蚊の行動研究とドローン」中澤秀介 氏(長崎大学熱帯医学研究所)
Ø 「ドローンの河川調査への活用」 丹羽英之 氏(京都学園大学)
Ø 「熱帯泥炭火災由来の煙の大気化学をドローンで調べる」 伊藤雅之 氏(京大東南研)
17:10-18:00
質疑応答・総合討論

18:30-
懇親会


◆11月21日(土)
9:00-17:00
実習&実演

Ø オートパイロット機能を使った写真測量
Ø マニュアルモードでのドローン操縦
Ø サーモグラフィーカメラによる地上観測
Ø 各研究者のドローン紹介とデモフライトなど