分野横断グループ

参加できる研究トップへ戻る
メンバー募集中
印刷する

現代台湾の地域研究

台湾理解を見直す

最終更新:2016年9月21日

台湾とは何か。このグループでは、台湾をより良く理解するためのふさわしいキーワードを、新たに浮かび上がらせようと考えています。

代表者

写真:現代台湾の地域研究

若松 大祐 WAKAMATSU, Daisuke
常葉大学外国語学部 講師
http://researchmap.jp/dwakamatsu


*創設時所属:京都大学アジア研究教育ユニット(KUASU)・研究員

メンバー

募集中

連絡先

若松 大祐
dwakamatsu@yahoo.co.jp

主な活動場所 代表者の所属先など
関連情報

60.jpg

 

「台湾を知るための60章」(明石書店)2016年8月25日刊行

 赤松美和子 編著
 若松大祐 編著

戦後長らく「謎の島」と言われてきた台湾は、21世紀にはグルメツアーや買い物に気軽に行ける海外旅行先にすっかり様変わりしたが、台湾に対する理解はどれだけ進んだだろうか。歴史、政治からポップカルチャーに至るまで様々な面から紹介する概説書の決定版。

 

【執筆者一覧】

・赤松 美和子(あかまつ・みわこ/AKAMATSU, Miwako) 大妻女子大学比較文化学部准教授

・家永 真幸(いえなが・まさき/IENAGA, Masaki) 東京医科歯科大学教養部准教授

・稲見 公仁子(いなみ・くにこ/INAMI, Kuniko) 台湾影視研究所主宰

・王 智明(おう・ちめい/Wang, Chih-Ming) 中央研究院欧米研究所副研究員

・王 傳育(おう・でんいく/WANG, Chuan-Yu) 台北医学大学医学院医学系小児学科助理教授

・大川 謙作(おおかわ・けんさく/OKAWA, Kensaku) 日本大学文理学部准教授

・岡﨑 滋樹(おかざき・しげき/OKAZAKI, Shigeki) 立命館大学経済学研究科博士課程

・岡野 翔太(おかの・しょうた/OKANO, Shota(YEH, Hsiang-tai)) 大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程

・金丸 裕一(かねまる・ゆういち/KANEMARU, Isaac Yuichi) 立命館大学経済学部教授

・北波 道子(きたば・みちこ/KITABA, Michiko) 関西大学経済学部教授

・木村 自(きむら・みずか/KIMURA, Mizuka) 人間文化研究機構特任助教

・久木元 真吾(くきもと・しんご/KUKIMOTO, Shingo) 公益財団法人家計経済研究所 次席研究員

・呉 孟晋(くれ・もとゆき/KURE, Motoyuki) 京都国立博物館学芸部主任研究員

・黒羽 夏彦(くろは・なつひこ/KUROHA, Natsuhiko) 国立成功大学文学院歴史系碩士班

・胡 春恵(故人)(こ・しゅんけい/HU, Chuen Huey) 香港珠海学院文学院長、亜洲研究中心主任

・菅野 敦志(すがの・あつし/SUGANO, Atsushi) 名桜大学国際学群上級准教授

・薛 化元(せつ・かげん/HSUEH, Hua Yuan) 国立政治大学台湾史研究科、歴史学科教授

・田上 智宜(たのうえ・ともよし/TANOUE, Tomoyoshi) 大阪大学大学院言語文化研究科特任助教

・張 啓雄(ちょう・けいゆう CHANG, Chi-hsiung) 中央研究院近代史研究所兼任研究員

・陳 威志(ちん・いし/(台)ダン・ウィジ/TAN, Uichi) 一橋大学社会学研究科博士後期課程

・原 正人(はら・まさと/HARA, Masato) 中央大学法学部准教授

・松岡 格(まつおか・ただす/MATSUOKA, Tadasu) 獨協大学国際教養学部准教授

・村上 太輝夫(むらかみ・たきお/MURAKAMI, Takio) 朝日新聞論説委員

・百瀬 英樹(ももせ・ひでき/MOMOSE, Hideki) 世新大学日本語文学系非常勤講師

・山﨑 直也(やまざき・なおや/YAMAZAKI, Naoya) 帝京大学外国語学部准教授

・横田 祥子(よこた・さちこ/YOKOTA, Sachiko 滋賀県立大学人間文化学部助教

・劉 靈均(りゅう・れいきん/LIU, Ariel Ling-chun) 神戸大学人文学研究科博士後期課程

・林 怡〓(りん・いけん/リン・イーシェン/LIN, Christi I-Hsuan) 立教大学社会学部准教授

   (〓=草冠に煖)

・若松 大祐(わかまつ・だいすけ/WAKAMATSU, Daisuke) 常葉大学外国語学部講師

メッセージ

ご関心ある方は、ご遠慮なくご連絡いただけますようお願いいたします。

活動情報

終了

台湾理解を見直すためのワークショップ


日時

2014年11月30日(日)


会場

京都大学 吉田キャンパス 吉田泉殿


メンバー

赤松 美和子、大妻女子大学・准教授
大川 謙作、東京大学・助教
太田 淳、広島大学・准教授
岡崎 滋樹、立命館大学・博士課程
金丸 裕一、立命館大学・教授
北波 道子、関西大学・准教授
北村 由美、京都大学・准教授
木村 自、人間文化機構・助教
呉 若彤、京都大学・博士課程
坂井田 夕起子、大阪大学・非常勤講師
高橋 祐一、京都府立大学・学部生
原 正人、中央大学・准教授
村上 志保、立命館大学・嘱託講師
横田 祥子、滋賀県立大学・助教
若松 大祐、京都大学・研究員


ワークショップ概要

台湾とは何か。そもそも地域研究というものが特定の地域に関する問題を解決することに始まるのなら、台湾研究は一体どんな問題を解明しようとする学問なのでしょうか。この基本的かつ重要な問いをめぐり、あれこれ思案し、答案を模索するのが本ワークショップの目的です。その際、一つの方法として、あえて日台関係、両岸関係、台米関係を外してみます。すると、これまで見えなかった台湾の姿が見えてくるでしょう。さらに私たちは、その中から、台湾をより良く理解するためのふさわしいキーワードを、新たに浮かび上がらせようと考えています。今回は、5 つの議題から、台湾研究が解明しようとしている問題を明示し、問題を解明するための方法を模索します。いわば台湾理解を見直すためのワークショップになります。

開催報告

今後の展望

近日公開予定

ワークショップを開催しての感想・メッセージ

近日公開予定 

ワークショップで得たもの

近日公開予定

-1P1030564.JPG

-2P1030565.JPG

-3P1030566.JPG

-4P1030567.JPG

-5P1030568.JPG

-6P1030569.JPG

-7P1030570.JPG

-8P1030571.JPG