分野横断グループ

参加できる研究トップへ戻る
メンバー募集中
印刷する

生物群横断系統地理の会

生物群の違いを飛び越えて「系統地理」で議論しましょう!

最終更新:2016年11月11日

地域間で生物がどう違っているか?その違いはどう生まれたのか?に興味がある集まりです。

代表者

写真:生物群横断系統地理の会

岩崎貴也(京都大学生態学研究センター・日本学術振興会特別研究員(PD)/分子系統地理学、集団遺伝学、保全遺伝学)

メンバー

阪口翔太(京都大学人間環境学研究科・助教/分子系統地理学、集団遺伝学)

工藤 洋(京都大学生態学研究センター・教授/分子生態学)

連絡先

Tel: 077-549-8215

Mail: takaya-iwasaki@ecology.kyoto-u.ac.jp

主な活動場所 京都大学内

活動情報

終了
写真:生物群横断系統地理ワークショップ

生物群横断系統地理ワークショップ


日時

2016年10月29日(土)~30日(日)


会場

京都大学 北部構内 理学部セミナーハウス

(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/downlodemap/documents/2016/north.pdf 10番建物)


メンバー

岩崎貴也(京都大学生態学研究センター・日本学術振興会特別研究員(PD) )

阪口翔太(京都大学人間環境学研究科・助教)

工藤 洋(京都大学生態学研究センター・教授)

津田吉晃(筑波大学菅平高原実験センター・准教授)

広瀬 大(日本大学薬学部・准教授)

嶌田 智(お茶の水女子大学理学部・准教授)

東城幸治(信州大学理学部・准教授)

岡本 卓(京都大学大学院理学研究科・助教)

渡辺勝敏(京都大学大学院理学研究科・准教授)

井鷺裕司(京都大学大学院農学研究科・教授)


ワークショップ概要

●10月29日(土) <主にライトニングトークとグループディスカッション>

12:00- 受付

13:00-13:15 岩崎貴也・阪口翔太による集会全体のイントロダクション

13:15-14:15 自己紹介トーク(自己紹介、一人当たり 1 分)

14:15-14:30 休憩+ポスターボードなどでテーマディスカッション

14:30-15:30 研究ライトニングトーク(一人5分)

15:30-15:45 休憩+ポスターボードなどでテーマディスカッション

15:45-16:15 ポスター発表(奇数番号、コアタイム)+ポスターボードなどでテーマディスカッション

16:15-16:45 ポスター発表(偶数番号、コアタイム)+ポスターボードなどでテーマディスカッション

16:45-17:15 グループディスカッション(ホワイトボードや付箋紙を使用し、「地理的分化パターン」「分岐年代」

       「移動分散」「集団遺伝学」「生態ニッチモデリング」)の5テーマに分かれて議論)

17:15-18:00 各テーマ代表者による、グループディスカッションのまとめ発表

18:00-20:30 懇親会(@理学部セミナーハウス)

 

●10月30日(日) <主に招待講演とGISハンズオン>

9:30-9:35    岩崎貴也・阪口翔太による導入・紹介など

9:35-10:05  東城幸治「面白さ満載!! 日本の昆虫の系統地理」 

10:05-10:35 嶌田智「大型藻類(海藻類,マリモ)の系統地理学的解析」   

10:50-11:20 渡辺勝敏「日本列島の淡水魚類の生物地理:到達点と課題」 

11:20-11:50 広瀬大「日本における菌類の系統地理学的研究の現状と課題」   

12:50-13:20 岡本卓「日本産陸生爬虫類の歴史生物地理 ~地理的分布と分岐年代の比較分析~」

13:20-13:50 津田吉晃「世界に飛び立て! phylogeographers! ~東アジアにおける植物系統地理学的研究の魅力と限界~」

13:50-14:00 井鷺裕司(コメント) 

14:00-14:30 総合討論   

15:00-17:30 岩崎貴也・阪口翔太によるGISハンズオン「綺麗な地図の作り方」

 

*詳細・参加申込みhttps://sites.google.com/site/phylogeographyworkshop2016/

 ⇒参加申し込みの事前登録は締め切りました。発表はできませんが、当日参加歓迎です。懇親会希望の場合はご連絡ください

  (岩崎(takaya-iwasaki(あっとまーく)ecology.kyoto-u.ac.jp)まで)