分野横断グループ

参加できる研究トップへ戻る

複合国家イギリスに関する思想史研究会

イギリスを複合国家として眺めるとその思想史叙述がどのように変わりうるのかをあれこれと議論します。

最終更新:2017年3月8日

全員が必ずしも顔見知りではありませんでしたが、「友達の友達」を連れてくるような形で、外部資金の獲得を機に研究会を組織しました。研究対象は16世紀から現代、対象領域は、イングランド、スコットランド、アイルランド、フランス、研究手法は、思想史学から現代社会論、そして美学・哲学まで、多様な問題関心を持ちつつも共同研究する楽しさを共有できる仲間たちの集まりです。

代表者

写真:複合国家イギリスに関する思想史研究会

竹澤 祐丈 (京都大学経済学研究科・准教授/社会思想史)

メンバー

・岩井 淳 (静岡大学人文社会科学部・教授/西洋史)

・木村 俊道 (九州大学法学研究院・教授/政治思想史)

 ・桑島 秀樹 (広島大学総合科学研究科・教授/美学・哲学)

 ・安武 真隆 (関西大学政策創造学部・教授/政治思想史)

 ・森 直人 (高知大学人文社会科学部・准教授/経済思想史)

 ・佐藤 一進 (京都精華大学芸術学部・准教授/現代社会論・社会思想)

 ・武井 敬亮 (京都大学経済学研究科経済資料センター・ジュニア・リサーチャー/社会思想史)

連絡先

京都大学経済学研究科 竹澤研究室(Takezawa@econ.kyoto-u.ac.jp)

主な活動場所 京都大学経済学研究科 竹澤研究室

活動情報

終了
写真:ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─

ヨーロッパ複合国家論の可能性─イギリス思想史研究との対話─


日時

2017年1月28日(土)~29日(日)


会場

京都大学 国際科学イノベーション棟 5F会議室

(http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/downlodemap/documents/2016/main.pdf  69番建物)


メンバー

岩井 淳

 :静岡大学人文社会科学部・教授/西洋史(イギリス史)

木村 俊道

 :九州大学法学研究院・教授/政治思想史(イギリス)

桑島 秀樹

 :広島大学総合科学研究科・教授/美学・哲学(アイルランド)

安武 真隆

 :関西大学政策創造学部・教授/政治思想史(フランス)

森 直人

 :高知大学人文社会科学部・准教授/経済思想史(イギリス、特にスコットランド)

佐藤 一進

 :京都精華大学芸術学部・准教授/現代社会論・社会思想 

武井 敬亮

 :京都大学経済学研究科経済資料センター・ジュニア・リサーチャー/社会思想史(イギリス)

小山 哲

 :京都大学文学研究科・教授/西洋史(ポーランド史)

大津留 厚

 :神戸大学人文学研究科・教授/西洋史(オーストリア史)

勝田 俊輔

 :東京大学人文社会系研究科・准教授/西洋史(アイルランド史)

齋藤 英里

 :武蔵野大学経済学部・教授/経済史(イギリス、日本)

中島 渉

 :明治大学商学部・教授/英文学

貫 龍太

 :京都大学大学院経済学研究科・博士後期課程学生/社会思想史(イギリス、特にアイルランド)

衣笠 太朗

 :東京大学大学院大学院総合文化研究科・博士課程学生/ 西洋史(ドイツ・ポーランド関係史)

望月 秀人

 :日本福祉大学・非常勤講師/西洋史(ドイツ・オランダ関係史)

鎌田 厚志

 :九州大学大学院法学府・協力研究員/政治思想史(イギリス、特にスコットランド)

竹澤 祐丈

 :京都大学経済学研究科・准教授/社会思想史(イギリス)


ワークショップ概要

*参加申込みは下段URLからご登録ください*


   ◆1月28日(土)

    13:00-13:10 趣旨説明:竹澤祐丈(京都大学経済学研究科・准教授)
    13:10-13:40 基調報告:岩井 淳(静岡大学人文社会科学部・教授)「イギリス複合国家論の展開(仮題)」

    Ⅰ.ヨーロッパの複合国家研究
    13:40-14:10 フランス思想史からの複合国家論:安武真隆(関西大学政策創造学部・教授)
    14:10-14:20 休憩
    14:20-14:50 ポーランド史からの複合国家論:小山 哲(京都大学文学研究科・教授)
    14:50-15:20 オーストリア史からの複合国家論:大津留 厚(神戸大学人文学研究科・教授)
    15:20-15:30 休憩
    15:30-15:45 コメント1:望月秀人(日本福祉大学・非常勤講師)
    15:45-16:00 コメント2:衣笠太朗(東京大学大学院大学院総合文化研究科・博士課程学生)
    16:00-17:00 フロアからの討論
    17:30-20:00 懇親会  (参加費:4,000円程度、会場:京都大学本部構内「カンフォーラ」)

   ◆1月29日(日)
    Ⅱ.アイルランドと複合国家論
      9:00-  9:30 アイルランド史からの複合国家論:勝田俊輔(東京大学人文社会系研究科・准教授)
      9:30-10:00 スウィフトと複合国家:中島 渉(明治大学商学部・教授)
    10:00-10:30 日本の植民学におけるアイルランド認識と複合国家論:齋藤英里(武蔵野大学経済学部・教授)
    10:30-10:45 休憩
    10:45-11:00 コメント3:鎌田厚志(九州大学大学院法学府・協力研究員)
    11:00-11:15 コメント4:貫 龍太(京都大学大学院経済学研究科・博士後期課程学生)
    11:15-12:15 フロアからの討論

    Ⅲ.思想史からの応答と総括討論  
    12:15-13:30 昼食&休憩
    13:30-14:00 イギリス思想史における複合国家論の可能性:竹澤祐丈(京都大学経済学研究科・准教授)
    14:00-16:30 総括討論
    16:30     閉会のご挨拶:イギリス思想史研究のイノヴェーションに向けて

 

**参加申し込み**

下記URLからお申込ください

https://goo.gl/forms/Zz6KsOFtwXqc50ep2