京大人間図鑑 Vol.14 「永田紅 生理化学研究ユニット 特任助教」を公開しました

2017.03.15

お知らせ

京大人間図鑑 Vol.14「永田紅 生理化学研究ユニット 特任助教」を公開しました。

健康を維持する上で気になるコレステロールは、体にとって欠かせない成分でもあります。京都大学物質―細胞統合システム拠点(iCeMS=アイセムス)は、動脈硬化を予防する善玉コレステロールが作られる初期段階の可視化に成功。その成果は、動脈硬化の予防や治療法の開発につながると期待されています。iCeMSでこの研究に携わり、歌人としても活躍するのが、生理化学研究ユニットの永田紅特任助教。研究の成果や現在の取り組みのほか、歌人としての活動についても伺いました。

楽しそうに顕微鏡をのぞく永田紅先生の姿から、研究の楽しさが伝わってきます。
楽しそうに顕微鏡をのぞく永田紅先生の姿から、研究の楽しさが伝わってきます。