京大人間図鑑 Vol.19 「高谷知佳 法学研究科 准教授」を公開しました

2018.03.10

お知らせ

京大人間図鑑 Vol.19「高谷知佳 法学研究科 准教授」を公開しました。

前近代の社会では、法や裁判だけでなく、さまざまな慣習やモラルや利害のせめぎあいが秩序を作り出していました。とりわけ、多様な人びとのゆきかう都市という場では、秩序と混乱は背中合わせでした。室町時代の京都にスポットを当てた研究に取り組む、京都大学大学院法学研究科の高谷知佳准教授。著書『「怪異」の政治社会学 室町人の思考をさぐる』では、室町時代の人びとの思考を探る題材として、当時「怪異」と呼ばれたさまざまな出来事に着目し、都市社会の秩序と混乱の一面を解き明かしています。