京都大学人文科学研究所、藤原辰史准教授の専門分野は農業史。私たちの生活に欠かせない食べものに関わる分野のため、その研究は現代の「食」を取り巻くさまざまな問題を浮き彫りにするとともに、解決へと導くヒントに繋がるといいます。農業史をテーマに選んだきっかけや、「農業」という理系分野で「歴史」を研究する意義と重要性について伺いました。

食料の自給自足を目指したナチスの農業政策に着目

――農業史の研究を始めたきっかけは何ですか

藤原准教授 農業の技術と思想に関心があり、今は食べ物にまつわるさまざまな科学技術や思想、制度について研究しています。

島根で育った私は小学校の修学旅行で広島に行き、原爆ドームや広島平和記念資料館を見学しました。それで「なぜ戦争が起こるんだろう」という素朴な疑問をずっと持ち続けていたんですね。京大に入学したとき、国際関係論を勉強しようと思ったんですよ。世の中が平和になるためには、外交が大事だろうし、なんといっても「国際関係論」という五文字がかっこいいと思って(笑)。

ところが勉強してみて、少し違和感を覚えました。国際関係論では主人公が国と国なので、そこに生きている人間の顔が見えない。自分は、制度よりも人間そのものに関心があったんですね。そんなとき、おもしろい先生と出会いました。ナチスの文化について研究している先生で、当時を生きた人の話をよくしてくれました。例えば、かつて重要産業だった石炭の歴史を話す中で、炭鉱で働いていた人がいったいどういう人々だったのかを語り、いきなり福岡県民謡の『炭坑節』を歌い出すんですよ。「月が~出た出た~♪」って。

――おもしろい先生ですね

藤原准教授 びっくりしたと同時に、坑夫がどんな歌を歌っていたのか、といった視点も学問になる、そんな研究もアリなんだと気づきました。私が農村出身だったこともあり、「なぜ世界から飢えがなくならないのか」という、子どものころからの素朴な疑問を出発点として、農民たちはどうやって生きてきたのか、という関心につながり、ナチスの農業政策に関する卒業論文を書きました。

多くの資料を参照しながら、熱心に説明する藤原准教授
多くの資料を参照しながら、熱心に説明する藤原准教授

――ナチスの農業政策に注目された理由は?

藤原准教授 ナチスは食料の自給自足を目指していたんです。食料自給率の低い日本から見ると、素晴らしい政策にみえますよね。「僕の嫌悪するナチスがこんなことをしていたとは!」という興味から、ナチスの農業政策というテーマに入っていきました。

――なぜナチスは、食料の自給自足を目指したのでしょう?

藤原准教授 ナチズムを考えるとき、第一次世界大戦を知ることが重要です。なぜかというと、アドルフ・ヒトラーを始めとしてそのほかの幹部の少なからぬ人たちが、第一次世界大戦で兵士として戦っていました。そのときドイツは、イギリスの海軍力によって、南北アメリカ大陸からの肥料や飼料、食料の輸入を断ち切られたために、76万人もの餓死者を出した。しかも半数は子どもです。本当に悲惨な体験をし、戦闘そのものではなく銃後で負けた。そこで、ヒトラー率いるナチスは「二度と子どもたちを飢えさせない」という政策を訴え始めました。当時、「飢えをなくす」と主張することは、選挙に勝つ上で非常に効果的だったんです。

――人々の支持を得るために「食」を利用したんですね

藤原准教授 人間は食べずには生きていけませんからね。ナチスは幼い男の子がパンを食べている絵に「僕たちを飢えさせないで」と書いたポスターを作っている。これは飢えを体験した人々には特にインパクトがあったでしょう。世界恐慌が起こった後は、毛布や食料を配って、飢えから失業者たちを守る運動も展開している。アウシュヴィッツで600万人ものユダヤ人を殺したナチスが、人の胃袋に寄り添った政策を打ち出しているんです。ヒトラーというカリスマに人々がマインドコントロールされて…という話ではない。「おなかが減ったら困る」という、人間としてごく普通の感覚に訴えるやり方で人心をつかんでいったんです。もちろん、ナチスが反ユダヤ主義だということはみんな知っていた。けれど、「飢えさせない」という言葉は非常に力があったということです。