コンゴ民主共和国・ワンバ地区のボノボを追う古市剛史(ふるいちたけし)教授と、ウガンダ共和国・カリンズ森林を拠点にチンパンジーを調査する橋本千絵(はしもとちえ)助教。アフリカでフィールドワークを行いながら、野生霊長類の社会、生態を探るふたりは研究の上でも、プライベートでも、互いを支え合うパートナーです。

ヒトのことを知りたくて、アフリカの熱帯雨林へ

 

――「霊長類学」は、多くの分野にまたがる学問のようですが、お二人はどういった研究に取り組まれているのでしょうか?

古市教授 霊長類学は、ヒト以外の霊長類の研究を通して「ヒトとは何か」を明らかにする学問です。対象だけが決まっていて、研究手法は実に多彩です。京大霊長研も専門分野から12の分野とセンターに分けられていますが、私は社会進化分野、橋本は生態保全分野をアフリカでのフィールドワークを中心に研究しています。

――古市教授が、ボノボを研究の対象に選ばれた理由は何ですか?

古市教授 元々は「人間のエゴの起源」を知ろうと、学部時代の1976年から下北半島で、院に進んだ1980年からは屋久島でニホンザルの生態研究を行っていたのですが、次第に関心が「社会の進化」に向くようになり、もっとも人間に近いとされるボノボ(ピグミーチンパンジー)に興味を持ちました。世界に先駆けてコンゴ共和国のワンバに調査地を作った加納隆至(かのうたかよし)先生に師事して、フィールドワークを始めたのが1983年のことです。

――もう30年以上ということになりますね。

古市教授 「まだ」30年ですよ。ボノボやチンパンジーの寿命は約50年くらいあります。彼らがどのように生まれ、集団の中で成長し、一生を終えていくか、社会を研究しようと思ったら、最低でも一世代は見届けなければなりません。

 

――なるほど。ちなみに現地、コンゴでのフィールドワークはどのように行うのですか?

古市教授 ワンバ地区に生息する野生のボノボの生態を探るのに、「トラッカー」と呼ばれる森を知りつくした現地の調査補助員たちとチームを組みます。ボノボは常に広大な森の中を集団で移動しながら生活しているので、トラッカーたちは交代制で調査対象のグループを追跡しているのです。ボノボが目覚め、新たな寝床を作って眠るまでの行動を観察するために、数か月に渡る調査期間は、早朝からボノボがいるポイントを目指し、陽が落ちてから調査基地に戻ってくるということを毎日のように繰り返します。

――相当ハードな調査ですね。

古市教授 そうですね。熱帯雨林でのフィールドワークですから、集中力と共に体力が求められます。でも、世界的に見ると霊長類の研究者には女性が多いんですよ。個人的にはフィールドワークは女性の天職だと思っています。実際、ウガンダのカリンズにチンパンジーの調査地は、橋本の活躍があってこそ確立されたものなのです。

――橋本助教は、チンパンジーの生態を研究されているとのことですが。

橋本助教 以前は古市と同じボノボを対象にしていたのですが、唯一の生息地であるコンゴで紛争が起こり、入国できない期間がありました。古市も師事した加納先生の勧めもあって、調査拠点の整備の段階からカリンズに移り、チンパンジーのメス社会関係などを研究するようになりました。

――霊長類の研究に拠点を作るということは、世界各国で行われていることなのですか?

古市教授 世界には十数か所の類人猿の長期調査地がありますが、そのうち五か所は京大によるものです。ニホンザルのような霊長類が生息している先進国が日本だけだということも関係しているかと思いますが、ヒトの社会がどのように進化したかを探るのに、いち早く霊長類に注目して、アフリカでの現地調査を始めました。霊長類のフィールドワークにおいては日本が、とりわけ「サル学」を確立した今西錦司先生の流れを組む京都大学がリードしています。

――その成果とはどういったものでしょうか? 

古市教授 大きな成果は比較研究にあると言えます。例えばボノボとチンパンジー。ヒトと共通祖先を持つ両者は、遺伝的には亜種レベルでの違いしかなく、ともにメスが成長すると集団を離れていく「父系社会」を構成していますが、その社会の性質は大きく異なります。チンパンジーの社会が少ないメスをめぐってオス同士が激しく争うのに対して、ボノボの社会は実に平和的なのです。なぜ、ボノボのオスはチンパンジーのような攻撃性を示さないのか?理由のひとつはメスの発情期間の長さです。ボノボのメスも、チンパンジーと同程度の授乳期間を持つのですが、妊娠できなくても発情するため、交尾相手をめぐるオス同士の争いが起きにくく、メスが実権を握る社会を形成しているというわけなのです。こういったことは、複数の調査地を持ち、異なる地域、異なる種、異なる集団のフィールドワークの結果を比較する中でしか分からないかもしれませんね。

――非常に長いサイクルの研究の積み重ねということですね。

古市教授 先ほど申し上げた通り、ボノボやチンパンジーの寿命は長いので、研究はいきおい長いスパンで行うものとなります。先行研究を引き継ぐといった側面もありますが、調査に訪れるたびに新しい発見があるので、常に新鮮な気持ちで研究にのぞんでいます。また、集団の追跡にGPSを使ったり、個体の情報を得るために、糞や尿、毛などからホルモンやDNAを抽出して分析するなど、「ヒトとは何か」への探求の方法は進化し続けています。

下北半島と屋久島のニホンザル、コンゴ民主共和国のボノボ、ガボン共和国のチンパンジーとゴリラ、そしてウガンダ共和国のチンパンジーと、各地で野生霊長類の生態と行動についての研究を進めている。
下北半島と屋久島のニホンザル、コンゴ民主共和国のボノボ、ガボン共和国のチンパンジーとゴリラ、そしてウガンダ共和国のチンパンジーと、各地で野生霊長類の生態と行動についての研究を進めている。


【次のページ】研究パートナーとして、夫婦として。