2014.10.03

京都大学防災研究所の後藤浩之(ごとうひろゆき)助教が取り組んでいるのは、次世代耐震化技術への応用が期待される地震工学の諸理論の体系化。地震発生時のメカニズムから構造物の応答まで、理学と工学を横断する幅広い研究を進める一方で、社会科学の領域と言える防災教育にも目を向けて活動しています。

地震災害に「外さない予測」を立てる

――まず、「地震災害研究部門」の研究領域を教えてください。

後藤助教 防災研究所には、「地震・火山研究」、「大気・水研究」、「地盤研究」、そして、「総合防災研究」という4つの研究グループがあります。「地震・火山研究」グループのうち、地震に関連する部門は他にも「地震防災研究部門」と「地震予知研究センター」と設置されていますが、私の所属する「地震災害研究部門」は、理学・建築・土木の研究室で構成されており、地震の揺れから建物や土木構造物の被害までを研究しています。

――さらに、部門の中で研究分野が分けられているようですが?

後藤助教 はい。「地震災害研究部門」には、強震動、構造物震害、耐震基礎と3つの研究分野がありますが、それぞれ独立してではなく、地震工学の領域において、理学・建築・土木の研究室が常に連携を取りながら、各分野の研究を進めます。ちなみに私の研究分野は「耐震基礎」ですが、他の2分野の基礎研究と応用研究を横断する形をとって、サイエンティフィックなアプローチをエンジニアリングに受け渡す働きかけをしています。隣り合う研究室が活発に連携をとって、複数の研究分野を掘り下げていくスタイルは、防災研究所全体の特徴とも言えますね。

――具体的にはどういった取り組みをされているのですか?

後藤助教 「耐震基礎」は、地震の発生機構から構造物の応答までが主な研究対象となります。地震という自然現象には、震源地に発生する断層運動、それによって引き起こされる地震波、地震波が地表に到達することによって生じる揺れである地震動と、分析・解析を行うべき対象が含まれますので、トピックに応じてアプローチ方法を増やして、より理論的に解明し「外さない予測」を立てることを目指しています。

――現在の地震災害の予測には限界があるということでしょうか?

後藤助教 例えば、地震調査研究推進本部が発表している全国地震動予測地図というものがあります。これは、地震の発生場所、発生可能性、規模を確率論的手法によって予測して作成されたものですが、常に改良や見直しが行われています。大規模災害に対する備えという意味において必要なものではありますが、信頼性の高い予測とは言えません。

――より信頼性の高い予測を立てるには、どういった研究が必要でしょうか?

後藤助教 地震波は、地盤を伝わる時に非常に複雑に変化します。この現象を理解するためには,地震波の伝播現象そのものを理論的に考察する必要があります。また、地盤を構成する材料も、与えた力に対して非線形に挙動しますので、材料そのものの振る舞いに着目する必要があります。さらに、地震の揺れである地震動は、場所によって異なりますので、揺れやすいところと、揺れにくいところを実際に測ってみるという素直なアプローチが必要になります。つまるところ、地震研究にはやるべきことが沢山あるわけですが、技術的な進歩によって、データの収集や解析がより効率的に行えるようになっていますので、様々なアイデアを実行していきたいですね

――宮城県大崎市の古川地区で行われているプロジェクトは、その一つですね。

後藤助教 そうですね。東北地方太平洋沖地震の発生直後から、各地を回って被害状況を調査していたのですが、古川地区にあった2つの地震計が違う揺れ方を記録していたことに気付いたのがきっかけでした。距離の離れていない場所で揺れ方が異なることと、同じ地区でも建物被害の違いがあることに関係があると見て、より密に地震計を設置する「高密度地震観測プロジェクト」を立ち上げたのです。

――そのプロジェクトには、何か革新性があったのでしょうか?

後藤助教 何と言っても、地域の方のご理解とご協力を得ながら、ごく普通のインターネット回線で観測データを集約するという仕組みを利用して地震計の数を格段に増やしたことですね。限られた地域のリアルタイム観測という密な調査を行うということで、きめ細かな揺れの違い、バラつきを観測することが可能になりました。この観測データは、プロジェクトのウェブサイトで見ることができます。革新性とは違うかもしれませんが、実際に地震被害に遭われた住民の皆さんとの深い関わりは、私自身の研究スタンスや活動にも変化を与えてくれたと感じています。

古川でのひとこま。後藤氏自ら地域の方々へ協力をお願いしている。
古川でのひとこま。後藤氏自ら地域の方々へ協力をお願いしている。

【次ページ】研究者としての説明責任