1951年創設の京都大学防災研究所(以下、防災研)は、気候変動や地震、火山などが引き起こす地球規模の自然災害を研究するだけでなく、災害リスク対策や復旧・復興活動に寄与することで高い評価を受けています。最新技術を駆使して様々な規模の地震を研究する防災研の西村卓也准教授に、地震の研究と予測にまつわる課題について聞きました。

地殻変動を感じて

――地震の研究を始めたきっかけを教えてください

西村准教授 北海道の地震が比較的多い地域で育ち、子供の頃から地面の揺れを感じていて、なぜ地球が振動するのか不思議に思ったことがきっかけです。地球のことに興味をもって東北大理学部に進学し、3年次に地震や火山、気象、海洋などを研究する地球物理学を専攻することにしました。その中でも地震を選んだのは、映画によく出てくる秘密基地のような地震観測所に圧倒されたからです。

――以前と比べると、現在は様々な技術が発達して、地震観測の手法も大きく変わりました。先生は、どのような技術を使って何を研究していますか?

西村准教授 全地球的衛星航法システム(GNSS)などを使って、主に地表の動きである地殻変動を観測しています。GNSSとは、人工衛星からの電波を受信して位置を正確に測る技術のことで、全地球測位システム(GPS)はGNSSの中でも米国が運用しているシステムを指します。GNSSは、地表の変形を非常に高い精度で測定できるので、地震計では感知できないゆっくりとした地殻の動きを捉えることができます。地球の表面を覆う地殻が乗っているプレートは1日で約0.1mm、ヒトの爪が伸びる速さと同じくらいのゆっくりとした速度で動いています。日本列島では全国に1300か所以上設置されているGNSS観測点のおかげで、どこがどれくらいの速さで動いているかを観測できるようになり、地震を引き起こす断層運動の仕組みも推測できるようになりました。

また、地理情報システム(GIS)は今や地球科学では、必要不可欠な道具です。入手したデータを図面化し、GISを使って得られた様々なデータと比較することが研究の第一段階です。私はGPSのデータを地形図や地質図の上に可視化し、場合によっては動画にして、そこから様々な推論を引き出すようにしています。

――先生の研究で最も難しいのはどういった点でしょう?

西村准教授 やはり地震の予測ですね。全ての地震を予測することは不可能かもしれません。しかし、大規模な地震なら予測可能なものもあると思います。

防災研研究所 西村卓也准教授
防災研研究所 西村卓也准教授