人々にとって「神」とは何か。知的好奇心の赴くままにアメリカ、イギリス、ドイツ、インドを渡り歩き、京都大学へ。サンスクリット古典文学からヒンドゥー教の神への愛や友情を読み解く。日本でも西洋でもない、南アジアからの視線が私たちにもたらすものとは。

「神」という存在のインパクト

――インドと出会ったのはいつですか?

置田助教 出身は神戸なんですが、通っていた六甲学院はカトリックのイエズス会系の高校で、今も奉仕活動の一環としてインドのハンセン氏病患者のための施設に対して募金をしています。3年に一度、先生といっしょにその施設を訪れる機会があって、17歳の時に私もそれに参加したのです。お亡くなりになる半年前のマザー・テレサに面会したりしました。とにかく考えさせられることばかりで・・・。その際ガンジーの思想にも触れ、大英帝国に向かって非暴力で立ち向かうとはなんて斬新なんだと衝撃を受けました。

今年2月ダッカ(バングラデシュ)でInternational Mother Language Dayに。一緒に写っているのはベンガル語の練習相手になってくれたシマントさん。
今年2月ダッカ(バングラデシュ)でInternational Mother Language Dayに。一緒に写っているのはベンガル語の練習相手になってくれたシマントさん。

――高校生の時の体験が今の研究につながっているんですね。その後は?

置田助教 次は国際基督教大学で、インド思想史とキリスト教神学を学び、ヒンドゥー教とキリスト教の宗教間対話について卒業論文を書きました。学部時代に留学したカリフォルニア大学サンタバーバラ校で、宗教間対話についてもっと研究するならオックスフォード大学の神学部であると聞き、イギリスへ渡りました。修士課程を終わった頃、キリスト教よりヒンドゥー教をもっと研究したいと思うようになり、博士課程に進むと共に古典を読むため3年ほどサンスクリット語にどっぷり浸かって勉強しました。さらに、読みたい文献をいっしょに読んでくれると言ってくれた先生がいたので、ドイツのハンブルグ大学へ2年間留学しました。

――「いっしょに読んでくれる先生が見つかった」ってどういうことなんですか?

置田助教 読んで研究したい文献があったとします。まずは一人で読んで英訳し、その後で同僚や先生といっしょに解釈を確かめ合いながら読みます。ドイツでは先生と、まさに一語ずつ、きっちりやりました。ギリシア語やラテン語の写本を読み解くヨーロッパの伝統的な文献学の手法が、サンスクリット語を読み解くインド古典学にも応用されています。この過程に時間をとってくれる先生がいるということが重要なのです。

――時間のかかる研究なんですね。そして長年の探求が実り、昨年、博士論文をもとにした本を出版されたと。

置田助教 昨年、オックスフォード大学出版会から本を出しました。足掛け10年かかったことになります・・・

08_OkitaKiyokazu_Book.jpg

Hindu Theology in Early Modern South Asia (近世南アジアにおけるヒンドゥー教神学).

著者 Kiyokazu Okita
出版社 Oxford University Press
出版年 2014年
ISBN 978-0-19-870926-8

出版社サイト 
CiNii Books 

 

――研究テーマは、南アジアでとても人気のあるクリシュナ神ですね。なぜ、クリシュナ神に辿り着いたんですか?

置田助教 中高生のころからクリスチャンの方々と日常的に接する機会がありましたが、彼らの言う「神」という概念が理解できず、知的な興味を抱き続けてきました。「神」というと、どうしても崇高で、自分よりも高いところにあるものというイメージではないですか?しかし、クリシュナ神は、ただの牛飼いの少年です。ヒンドゥー教の一派であるヴィシュヌ教において信者は、この神との関係を親子・・・つまり自分がクリシュナの親になったり、あるいは恋人として出かけていくというような状態を理想とするのです。そこらで遊んでいる子どもであると同時に、宇宙創造の神だと。そのギャップが大胆すぎるというか・・・。神のイメージを覆すフレンドリーさ、神と人との近さにクリシュナ神の魅力を感じます。

――文献はインドやバングラデシュに行って集める場合もあるんですよね。いろいろ苦労がありそうですが・・・

置田助教 そうなんです。まずは図書館の人とお茶を飲んで、「こいつはいい奴だ」と思われないと資料を見せてもらえなかったりもします。去年はすんなり見せてもらえた資料が、今年は「方針が変わった」と見せてもらえなかったり、逆に知り合いの研究者の名前を出したら急に態度が変わって見せてもらえたり。英語ではなかなかうちとけてくれないこともあるので、現地の言葉であるベンガル語も勉強しています。また、写本ならばデジタルカメラで撮影させてもらうのがいちばんありがたいですが、許可されないこともしばしばです。欧米の図書館では、研究者がどのように研究しているか、何が必要かという研究文化がわかっているのでだいたい撮らせてくれるのですが、現地ではその意識が通用しません。毎回が修行のようなものです(笑)。