京都大学構内には、縄文時代や弥生時代の遺跡をはじめとして数多くの埋蔵文化財が存在しています。果たして「大学を発掘する」ことで何が見えてくるのか?キャンパスの建物や施設の建設予定地を発掘し、調査報告と研究を行っている文化財総合研究センターの冨井眞(とみいまこと)助教に、その意義についてうかがいました。

「キャンパス構内」という特殊なフィールド


――まずは、文化財総合研究センターの役割について教えてください。

冨井助教 吉田キャンパス内の北白川追分町遺跡(縄文時代)や、大阪・高槻市にある農学部附属農場内の安満遺跡(弥生時代)に代表されるように、京都大学と関連施設のほぼ全域に埋蔵文化財があります。センターの役割は大きくふたつ。新たな建物の建設予定地の発掘調査と、出土した文化財の研究・分析方法の開拓です。

――以前は、埋蔵文化財研究センターという名前だったようですね?

冨井助教 旧・埋蔵文化研究センターが設置された1977年以来、延べ 100,000㎡ を越える発掘調査を行い、膨大な資料を蓄積してきました。ただ「ここに何が埋まっていたか」を発掘、復元するだけでなく、「ここで何が行われていたか」といった人のふるまいや営み、さらには「ここで何が起こったか」という自然災害の分析までアプローチするようになりました。

 


――研究の対象が広がっているということでしょうか?

冨井助教 特に阪神・淡路大震災以降、災害に対する関心が高まったという背景もあって「ここで何が起こったか」については、学内を中心に自然科学系の先生方と連携して研究を進める機会が増えました。約2,400年前、この地域で土石流が発生していたことは事前研究で分かっていたので、従来なら、その下に埋もれている層からのデータを重視していたのですが、せっかくコストをかけて掘るのだからと、土石流が含まれる自然堆積層そのものの研究・分析も行うようになりました。

――発掘現場が大学構内であるという点は大きいですね。

冨井助教 そうですね。考古学調査はコストとの戦いです。多くの発掘現場は、建設予定といったスケジュールや、人件費や重機レンタル費などのコストの制約を受けます。もちろん我々も同じ状況にはあるのですが、発掘のための時間的な猶予や、調査・分析の協力が得やすいというアドバンテージは少なくありません。

――考古学研究者としての冨井助教のご興味は、どういったところにありますか?

冨井助教 「ここで何が行われていたか」を復元することですね。いま発掘調査を進めている薬学部構内の聖護院川原町遺跡には、石垣の遺構があるのですが、そういったものがどのような手順で作られたかといったことに関心があります。

――構造だけではなく、それが作られた手順を「復元」するということですか?

冨井助教 はい。例えば石垣や井筒といったものなら、発掘の段階でそれぞれ石の上下左右の位置関係を確認しながら、一つ外してはデジタルカメラで記録するという作業を繰り返すこともあります。そうして収めた全画像を時間的に遡りながら精査することで、どの部分から、どういった順序で石を組み上げて行ったかを「復元」することができます。ああ、この井戸は、人手を使って必要な石を集めて、完成形を目指して一気に作ったのではなくて、ひとりの人が、自分の手の届く範囲で隣り合う石の組み合わせを確認しながら、コツコツと作ったなという具合に、人の行為そのものを究明するわけです。

――そういった分析は、土器などでも行うのでしょうか?

冨井助教 土器の場合、「どうして割れたか」を分析します。破片ごとに出土した状況通りに、縦横の座標と深さ、表裏の向きまですべて記録して、その土器が割れた原因を探るわけです。単に土の圧力を受けて割れたのか、割れた破片をゴミとして捨てたものなのか、それとも誰かが意図的に割ったものなのか、もし誰かが割ったとして、どのような角度で地面に叩き付けたのか…といったことまで分かることもあるんですよ。

――それはまるで刑事ドラマに出てくるような…(笑)。

冨井助教 そうです、まさに殺人現場を鑑識するようなものですよ(笑)。

接着前の埴輪の破片(写真・上)と接着後の埴輪(写真・下)。左図は座標による土器の分析図。
接着前の埴輪の破片(写真・上)と接着後の埴輪(写真・下)。左図は座標による土器の分析図。


【次のページ】許されることなら、できるだけ深く掘りたい