気候安定化による飢餓リスク増加抑制のための費用を算定
多様なモノクロナル抗体分子を迅速に作製するペプチドバーコード手法を確立 -動物を使わずに試験管内で多様な抗体を調製することが可能に-
骨髄移植における造血幹細胞の生着にはガラクトース糖鎖が必須であることを解明
記憶の持続メカニズムを解明 -あらたな分子記憶の原理を提唱-
LC-SCRUM-Japanで構築した日本最大のがん臨床ゲノムデータを活用しスーパーコンピュータで治療薬の効き目を予測 -がんゲノム医療における新たなツールの開発-
植物の葉のクチクラの構造を分子レベルで解明 -クチクラの構造モデルの常識を覆す発見-
生きた真核細胞内でたんぱく質の立体構造を詳細に観測 -構造変化を0.05ナノメートルの精度で捉える-
つる草はハダニがいる植物には巻き付かないことを発見 -歩行性害虫の「接触感染」を避ける術-
骨が長く伸びる仕組みの一端を解明 -イオンチャネルTRPM7を介した細胞内Ca2+変動が軟骨形成を制御する-
野生チンパンジーがヒョウの獲物を食べることを初めて観察 -人類の祖先は肉食獣から獲物を奪っていたか-