ドキュメンタリー

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

京大人間図鑑

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

研究最前線

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

アカデミックデイ

ゲノムの中から薬づくりの道具を探す | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

植物は、様々な薬用成分を作っています。昨年は、植物細胞や、微生物で効率的につくる方法について紹介しました。今回は、効率的に作るための道具(生合成酵素遺伝子)を見出す方法について紹介します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/22/

京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

京都大学アカデミックデイ2015は、10月4日(日)京都大学百周年時計台記念館にて開催!200人の京都大学の研究者が集い、自らの研究についてお話します。素朴な疑問や質問も大歓迎。ふと思ったことや気づいたことから、多くの出会いと発見のある対話が始まるはずです。いつもは会社にお勤めの方も、小学生も大学生でも、ご家族で、お一人でも、どうぞお越しください。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/

アカデミックデイ2015 参加研究者が決定しました | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

10月4日に開催されるアカデミックデイ2015の参加研究者が決定いたしました。今年は63グループが出展します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/academic-day2015/

言語から考える世界 | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

言語が100以上あるラオスで、常にいくつもの言語を操りながら生活する人々がつくる多言語社会を調べています。言語の多様性に関する研究を通して、言語は人間社会にとってどういう価値をもつか、問い続けています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/52/

医療や科学技術の倫理について考える | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

このごろ、新型出生前診断や代理出産が新聞やテレビでよく取り上げられています。これらは倫理的に問題なのでしょうか。あるいは個人の自由に任せるべきなのでしょうか。また、尊厳死や胃ろう設置の是非などの終末期医療の問題も大きな問題として取り上げられています。国民の合意をとるのが難しいこれらの問題について、みなさんと一緒に考えてみたいと思います。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/31/

不老不死のウルトラ動物ベニクラゲ | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

私たち動物は、みな子供をつくって、死んでゆきます。しかし、ベニクラゲTurritopsisだけは、子供もつくりますが、親は死なないで若返ることができます。つまり、永遠に生きられる可能性を大いに秘めています。どんな風にそんな凄いことを実行しているかを、今回、実物などを見ながら説明します。本やDVDなどの映像でも紹介します。ベニクラゲは、iPS 細胞や問題のSTAP細胞の様なことを、個体丸ごとでやり遂げており、まさに「人類の夢をかなえている」動物なのですね!
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/24/

分子画像と四次元放射線治療の融合 | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

京都大学の医学分野の2つの最新研究成果(分子イメージングによるがんの個別特性把握と、体内で動くがんを追尾しながら照射を行う放射線治療)の融合による新しい放射線治療を分かりやすく紹介致します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/54/

未来の"クルマ"とその"社会" | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

未来の"クルマ"を想像できますか?その時はどんな社会でしょう?現在、自動車は国内エネルギー消費の20%を占め、次世代自動車が注目されています。その鍵となる二次電池、燃料電池に関する私たちの研究を紹介し、また未来の社会でのあるべき姿について考えてみましょう。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/53/

CO2を”ひかり”と”みず”でリサイクル!? | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

石炭・石油・天然ガスなどの化石燃料を燃やすと最終的には二酸化炭素(CO2)と水(H2O)になります.このCO2とH2Oを光触媒を使って人類に有用な資源にする研究をしています.
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/51/

統合知-新たな学問の創成に向けて- | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

現代は、政治・経済・医療・教育・高齢化社会等において、ますます混沌とした時代になっており、私たちはさまざまな危機に直面している。このような時代にこそ、今日の危機を未来への好機と捉え直す、新たな学問の創成が望まれる。アルバート・アインシュタインは、「さまざまな問題を生み出してきた時代においては、その時代精神の常識的な考え方自体を抜本的に改める必要がある」と説いている。従来までの、客観主義科学の現状と課題を踏まえながら、新たな「ものの見方」に基づく、文理融合的な学問の創造を目指す。これが、京都大学統合創造学創…
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/50/

日本でヨーロッパについて語る? | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

かつてヨーロッパの大言語であったラテン語。その語彙の歴史に関する研究を糸口に、ヨーロッパからはるか遠くはなれた日本において、ヨーロッパ研究全般が今後どのように存続しえるのか、一緒に考えてみませんか?
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/49/

いのちのバトンー体験型ヒト遺伝教室ー | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

私たちは「いでん」といういのちのリレーで、祖先から子孫にバトンを受け継ぎます。 バトンの色はたった4種類の色の組み合わせでも,多様な個性を作り出します。 小中学生、親子も大歓迎!一緒にヒトの遺伝を考えましょう!
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/48/

言語多様性vs.生物多様性 | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

生物多様性の重要性はよく語られている一方、言語多様性の重要性はあまり知られていません。世界の言語の多様な語形、語順、発音、話者の価値観や自然との共存、文化・自 然・社会背景を紹介しながら、「科学として言語を研究することで解明されることは何か」を一緒に考えます。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/47/

遺跡の桃から日本の桃のルーツにせまる | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

奈良県御所市の名柄遺跡(5世紀後半)の桃を核の形態から分類し、2種類の桃が存在したことを明らかにした。他の遺跡からはこの2種類以外の桃が出土しているため、年代と支配豪族の違いがモモの種類の違いになったと考えられる。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/46/

遺伝子からみた老化とがん | 京都大学アカデミックデイ2014 | アカデミックデイ

高齢化社会を迎えつつある日本において、2人に1人はがんになり、3人に1人はがんで亡くなられています。がんは、我々の身体の設計図である遺伝子に傷がつくことが主たる原因と考えられていますが、なぜ、年を取るとがんになりやすくなるのか、最新の遺伝子解析方法を用いて、遺伝子から明らかにすることを目指しています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2014/45/

参加できる研究

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

研究者から探す