ドキュメンタリー

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

京大人間図鑑

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

研究最前線

« 前 1...8910111213 次 »

アカデミックデイ

映像で東南アジアの魅力を発見しよう! | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

東南アジア諸国で制作(撮影・編集)されたドキュメンタリー映像作品をとおして、東南アジア地域の現状を捉え、諸問題の解決へとつなげることを試みます。東南アジアの人々は一体どのような暮らしをしているのか、異文化を理解し自らの固定観念を崩すことで、世界の見方や自分自身の生き方が少しかわるかもしれません!
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/371/

バイオナノトランスポーター | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

バイオナノトランスポーターとは、目に見えないほど小さなドラッグキャリア(薬剤の運び役)です。我々は、高分子化学やバイオテクノロジーを駆使して、医療に役立つバイオナノトランスポーターの開発を行っています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/46/

ネットワークで見る独裁と民主の差 | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

人がまわりの人に影響を与える。波及でまわりのまわりまでも影響を及ぼす。一般にN隔たりまで波及すると仮定し、50%以上の人に影響を与えるために必要最小限の人数M(N)を調べる。M(N)=1、つまり独裁の時のNをネットワーク科学のツールで求め、民主主義(N=1)との差を比べる。
- http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/26/

ロボットがどうやってものを見分けるの(13:30-15:00) | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

ロボットがどうやってものを見るか知ってる?カメラで撮った動画だけではなにが写ってるのか分からない。物体を認識しなければならないのだ。でもこれは簡単なことではない。特に移動中の物体の認識が難しい。カメラが動いでいる場合はなおさらだ。本研究はこの難題にチャレンジする。
- http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/68/

ひとは宇宙へ飛び立つべきか?(10:30-12:00) | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

映画や漫画の作品(例:『インターステラー』や『宇宙兄弟』)をとり上げ、宇宙開発の正当性をめぐる「宇宙倫理学」の問いについて来場者と議論を交わし、日常とかけ離れていると思われがちなテーマを身近に感じてもらう。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/61/

脳で感じる光(10:30-12:00) | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

私達は眼に入ってくる光を利用して、周りに何があるかなどの情報を得ています。最近、眼ではなくて直接脳で光を感じて体のリズムなどを整えていることがわかってきました。眼と脳で感じる光について、最先端の研究を紹介します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/59/

新材料を創る | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

今までになかった新しい物質をちょっと変わった方法で創り出します。 地表から下ること400kmの世界に相当する、ダイヤモンドも合成できる高圧力を使った手法と、分子を数個積み上げた程度の、ナノメートルの厚さの薄膜試料を合成する手法とを駆使して、新しい機能をもつ酸化物を創ります。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/40/

材料のナノ構造研究のフロンティア | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

結晶のなかで原子は整然と並んでいますが、ところどころで原子レベルでの乱れが生じています。これを的確に利用すると、環境やエネルギー問題を解決する革新的な材料開発が可能になります。その最先端をお見せします。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/32/

基礎物理学を目指す単一イオン光時計 | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

現在最も正確な時計は、原子が共鳴する光の周波数を1秒の基準とするものです。しかし、現在の物理理論では説明できない現象をも説明可能とする新しい理論では、その基準が時間変化する可能性が指摘されています。私たちはきわめて正確な原子時計を複数作って進み具合の違いを精密に測定し、時間変化検出を目指します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/11/

多言語DBで日本とASEANを結ぶ | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

新聞、雑誌は、その国の社会を映し出す貴重な資料です。この取り組みでは、日本とASEAN諸国の図書館員・研究者が機関や国を超えて協力し、東南アジア地域の新聞・雑誌目録データベースを構築し、資料情報を共有するシステムを起ち上げようとしています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/24/

果樹のライフサイクル研究の最前線 | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

果実生産に深く関わる果樹のライフサイクルと生殖生理機構について、特に京都大学農学研究科果樹園芸学研究室で研究テーマとして取り組んでいる自家不和合性や雌雄異株性、そして冬芽の休眠性を取り上げて、ポスター等を用いてわかりやすく説明したい。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/19/

炎を制する-超耐熱構造材料 | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

高融点、高温強度に優れたMoSi2基軸材料と他のシリサイドからなるBrittle/Brittle複相材料(融点約2000℃)中の界面の高機能化により、高温高強度、高靱性を兼ね備えた1800℃級ガスタービンで使用可能な超耐熱材料の開発を目指しています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/7/

アフリカの潜在力とは何だろう? | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

現代アフリカは、紛争によって疲弊した社会秩序をいかに修復するかという課題に直面しています。この課題に対して本研究では、西欧の制度や価値観―民主主義や人権思想など―を移入して対処するのではなく、アフリカ人が創造し、運用してきた知識や制度(=潜在力)を解明し、それを活用する道を探究しています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/50/

骨は水から作られる~生物の営みに学ぶ | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

自然界を見渡すと、セラミックスの中には高温を必要とせず、骨や貝殻のように水から作られるものがあります。私たちはこのような生物の営みに学んだ手法で、骨に含まれるセラミックス成分を人工的に作り、骨と強く結合する人工骨や、からだになじみやすい薬のカプセルを開発しています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/25/

お魚モーションキャプチャ | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

人の運動計測ツールとして、モーションキャプチャと呼ばれる技術が映像制作やスポーツなどの分野で広く使われています。もし水中を泳ぐ魚の運動が計測できるなら、どのようなことが実現できるでしょうか。実際の計測技術の紹介と、将来の応用例について紹介します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/55/

ナノ空間の世界と化学 | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

物質に囲まれた空間をナノサイズまで小さくすると、どうなるでしょうか?実は目で見える空間とまったく性質の異なるナノ空間の世界があります。私たちは、化学の力を使って、自在にナノ空間の世界を作ることを可能にしました。ナノ空間の世界を活用し、環境やエネルギー分野に貢献する物質を作る研究をしています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/041/

赤ちゃんを産む!魅惑の胎生魚ワールド | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

魚なのに卵を産まず、赤ちゃんを出産する『胎生魚』。彼らは「赤ちゃんを産む」という目的のために、実に多彩な「育てる仕組み」を備えています。カダヤシの仲間を中心に、魅惑の胎生魚ワールドを紹介します。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/57/

がん細胞を狙い撃つBNCT(13:30-15:00) | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

私たちは、中性子という放射線を使ってホウ素中性子捕捉療法(Boron Neutro Capture Therapy、以下BNCT)というがんの放射線治療の研究を行っています。BNCTは、がん細胞選択的重粒子線治療という特長をもっており、様々な難治性がんの治療応用にむけて研究を進めています。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/64/

アカデミックデイ2015 出展情報 【第一弾】を公開しました | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

アカデミックデイ2015 の出展情報 【第一弾】を公開しました。これからどんどん公開していきますので、お見逃しなく!
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/academic-day2015info04/

クマムシの肢は歩くためのものか? | 京都大学アカデミックデイ2015 | アカデミックデイ

クマムシの肢は歩行以外の役割があると仮説した。肢内は体液で満たされ、体軸方向へ伸縮を繰り返し、肢を起点とする体液流動も確認した。この体液流動が、乾燥耐性獲得の際に体内水分量を調節する重要なポイントを握っていると考えている。
http://research.kyoto-u.ac.jp/academic-day/2015/20/

参加できる研究

検索語句に一致するページは見つかりませんでした。他のキーワードを入力してみてください。

研究者から探す