アカデミックデイ2018
印刷する

遺伝カウンセラーと学ぶ「がんゲノム」

研究者からの一言 「がんゲノム」や「遺伝子」についてお話しましょう!

概要

「がんゲノム」という言葉を知っていますか?「がん」は生活習慣やたばこが関係していると習ったけれど、「遺伝」が関係しているとも聞いたことがある、そんな方へ!私たちは遺伝に関する悩みに寄り添う遺伝カウンセラーです。がん細胞の情報である「がんゲノム」「遺伝」について一緒に考えてみませんか?

出展代表者

大学院医学研究科
 和田 敬仁 准教授

参加者

大学院医学研究科
 和田 敬仁 准教授
 十川 麗美 大学院生
 本田 明夏 大学院生
 小池 佳菜子 大学院生
 洪本 加奈 大学院生
 幅野 愛理 大学院生
 横田 恵梨 大学院生

関連URL

来場者より

ガンばってカウンセラーしてほしいで賞
やさしく教えてくれたで賞
これからも研究をがんばってほしいで賞
遺伝カウンセラー ピンクのユニフォームがばっちり!で賞
知ってよかったで賞
ガンがよくなりやすい賞

写真:遺伝カウンセラーと学ぶ「がんゲノム」

アカデミックデイを経ての感想

 この度はアカデミックデイに参加させて頂き、「京都大学アカデミックデイ賞」を受賞でき大変光栄です。

一般の来場者の方だけでなく、研究者の方まで様々な方に立ち止まっていただき、

「遺伝カウンセラー」「がんゲノム」についての理解を深めていただきました。

一般の人へわかりやすく説明する難しさ、ならびに重要さを改めて感じ、非常に貴重な経験となりました。

このような機会を大切に、皆が健康で明るい未来を目指して、今後も取り組んでいきたいと思います。

フォトギャラリー

DSC_2396_-_.JPG

DSC_2313_-_.JPG

60_3.JPG

研究者の本棚

本出展の参加研究者がお勧めする本をご紹介。

= 取り扱いあり

今ハマっている本(誰かとこの本について話したい)

「がん」はなぜできるのかそのメカニズムからゲノム医療まで

国立がん研究センター研究所

がんの仕組みについてわかりやすく書かれています。近年頻繁に見聞きする、がんのゲノム医療って何?と思う方でも理解しやすい1冊です。

自分の研究に関連して紹介したい本

遺伝カウンセリングのためのコミュニケーション論

小杉眞司

京大遺伝カウンセラーコースを卒業した認定遺伝カウンセラーの方々が実体験をもとに執筆しています。遺伝カウンセリングの実践的な現場の様子も多く盛り込まれています。京大遺伝カウンセラーコースではこの本で遺伝カウンセリングを学んでいます。患者に寄り添う医療従事者の方にも是非読んでいただきたい1冊です。